ユニコーンステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

ユニコーンステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri2_1

3歳ダート路線の主導権を握るのは絶好調のこの馬!

3歳ダート路線の頂点を極める1戦というと、地方の大井競馬場で発走となるジャパンダートダービー(JpnⅠ)がありますが、中央での重賞となればこのユニコーンステークスのみとなり、今年もここを狙ってきた精鋭がしのぎを削る1戦となりそうで、目が離せません。大混戦の中から抜け出すのは、それこそ状態面が絶好の馬ということになるでしょうし、追い切りの動きから目立つ馬をしっかりとピックアップしておきます。

ユニコーンステークス 2018 [追い切り診断]

ユニコーンS 追い切り /ルヴァンスレーヴ

ルヴァンスレーヴ
美浦南W【82.8-66.7-53.0-38.8-12.9】G前追う 併せ遅れ
調教評価 A 攻め強化で力を示す舞台

昨年暮れの全日本2歳優駿を制しているダート2歳王者。ソエの影響で、その後無理せず休養を挟んで迎えた前走の伏竜ステークスでは2着に終わりましたが、叩いての上積みがどうかというのがこの中間の注目点。最終追い切りでは併せ馬に遅れはしたものの、時計的にはコース6F自己ベストタイムを更新してきており、動き自体は及第点。馬体も引き締まり上積みが感じられる今回、本来の力を発揮してくれることを期待できる状態であると言えます。ここで2歳王者の実力を見せつけるような勝利を期待してみたいところではあります。

ユニコーンS 追い切り /グリム

グリム
栗東坂路【51.6-37.8-24.8-12.3】一杯
調教評価 A 坂路自己ベストタイムで更に良化

前哨戦の青竜ステークスでの競り合いを制して臨む1戦。3ヶ月ぶりのレースを制してからも調整はいたって順調。ここ2戦の最終追い切りはコースで行われてきましたが、今回は坂路コースでの最終追い切りで、これはデビュー戦からのパターンで走ってきていることもあっただけに気にすることもなさそう。何より動きを見れば51.6と坂路自己ベストタイムを更新してきており、状態面は前走以上であることが見てとれる動き。ここもスムーズにさえ運べれば、堅実なレース振りからも大崩れなく走ってくることを期待できるのではないでしょうか。

ユニコーンS 追い切り /ダンケシェーン

ダンケシェーン
栗東坂路【54.3-38.8-25.2-12.4】馬なり
調教評価 A 乗り込み入念で上積みあり

未勝利・500万下と連勝して臨んだヒヤシンスステークス、次の休み明けで臨んだ青竜ステークス、どちらも良い結果を残せませんでしたが、2週前の追い切りではコースで【80.1-65.0-51.6-38.9-12.9】と好タイムをマークして自己ベストタイムを更新してきているように、休み明けの前走を使って状態面の上積みが感じられるところ。この中間は西谷騎手がつきっきりで稽古をつけて入念に調整が進められてきているところも陣営は力の入る1戦であると踏んでいることが垣間見れるところ。後は横山典騎手がどう乗るかということになりそうですが、奇想天外な策でも嵌れば1発に期待してみても面白いかもしれません。

ユニコーンS 追い切り /ホウショウナウ

ホウショウナウ
栗東CW【81.7-65.0-50.8-37.8-12.9】一杯 併せ先着
調教評価 A 最終追い切りで好時計マーク

これまで稽古で目立つ時計を出さないところではあったものの、この最終追い切りで5F65.0から4F50.8とこれまでにない軽快なラップを刻んで終いまでしっかりと伸びてきているあたり、7ヶ月ぶりのレースを一度使っての上積みも感じられますし、何より2戦2勝と底を見せない魅力に溢れた馬だけに、この動きを見せたならば一目おいてみたいところではあります。

ユニコーンステークス 追い切り/追い切りから見る他の注目馬

他では、鳳雛ステークスを休み明けながら2着しているグレートタイムも一度使われた上積みが感じられる動きを見せており、B評価はつけておきたいところ。これまでの安定感からも上位争い可能な存在であることは間違いなさそうです。後はNHKマイルカップをはじめ、芝で3戦していますが、ダートで3戦2勝とまだ底を見せていないリョーノテソーロも相変わらず稽古では活発な動きを見せているだけにB評価とします。ダートに戻っての一変には警戒が必要なのではないでしょうか。

ユニコーンステークス 2018 [馬券のポイント]

今年のユニコーンステークスはルヴァンスレーヴとグリムの一騎打ちムードとなっていますが、グレートタイムやハーベストムーンあたりも差がなく続きそうで、ここは上位の能力拮抗の大混戦模様。かなりの馬にチャンスがありそうな大混戦ムードと言ってよいでしょう。

どのレースにも言えることですが、確信を持って狙える穴馬や激走馬がいなければ、迷いが生じる分買い目が膨らみ、たとえ的中したとしてもトリガミになる可能性は高くなる一方。どの馬を激走馬として狙うべきなのか?細かな部分をチェックした上で、「今回はくる」という確信を持って狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

そういった細かい分析をできないといった方は、今回どうやって馬券を組み立てますか?一人で悶々と悩んでしまうなら、参考になる情報は確実に見ておいた方が良さそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこのユニコーンステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA