宝塚記念 2018 出走予定馬|サトノダイヤモンドなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

宝塚記念 2018 出走予定馬|サトノダイヤモンドなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/6/24(日)開催「宝塚記念(GⅠ)」に向けて、サトノダイヤモンド・サトノクラウンなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

宝塚記念 2018 [1週前出走予定馬]

  • アルバート/牡7/堀厩舎・美浦
  • ヴィブロス/牝5/友道厩舎・栗東
  • キセキ/牡4/角居厩舎・栗東
  • サイモンラムセス/牡8/梅田厩舎・栗東
  • サトノクラウン/牡6/堀厩舎・美浦
  • サトノダイヤモンド/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • ステファノス/牡7/藤原英厩舎・栗東
  • ストロングタイタン/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • スマートレイアー/牝8/大久保龍厩舎・栗東
  • ゼーヴィント/牡5/木村厩舎・美浦
  • タツゴウゲキ/牡6/鮫島厩舎・栗東
  • ダンビュライト/牡4/音無厩舎・栗東
  • ノーブルマーズ/牡5/宮本厩舎・栗東
  • パフォーマプロミス/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • ミッキーロケット/牡5/音無厩舎・栗東
  • ワーザー/セ7/Jムーア厩舎・香港

■2018/6/11現在

宝塚記念 2018 [注目馬考察]

宝塚記念 出走予定馬 /サトノダイヤモンド

国内では一度も3着を外したことがなかったが、前走の大阪杯で7着惨敗。展開が異質だったこと、内枠で動きづらくなってしまったことなど敗因はあるが、それにしても直線もまったく反応せず。菊花賞→有馬記念を制した3歳時のような「打てば響く瞬発力」が影を潜めてしまった感は否めない。スワーヴリチャードやシュヴァルグランの名前がなく、正直GⅡレベルと言っても差支えがない顔ぶれとなりそうな今年の宝塚記念。ファン投票第一位、復権に向けてもここが正念場となりそうだ。

宝塚記念 出走予定馬 /サトノクラウン

極悪馬場だった天皇賞秋2着の疲れが抜け切らず、その後3戦はジャパンカップ10着→有馬記念13着→ドバイシーマクラシック7着と精彩を欠く内容が続いている。強豪が揃った昨年快勝を持ち出せば、今年のメンバーならと言いたいところだが、中間の稽古を見ても、今ひとつトーンが上がってこない。チャンスがあるとすれば、馬場が渋った際。週末に傘マークがあれば。

宝塚記念 出走予定馬 /ヴィブロス

連覇を狙った前走のドバイターフは2着惜敗だったが、改めてこの馬の高い能力を再認識。今年の顔ぶれならとも思えるが、克服すべき問題は距離。全姉ヴィルシーナが14年の宝塚記念3着なら血統的にも守備範囲内だが、昨秋のエリザベス女王杯が見せ場なしの5着。前半どれだけ息を抜いて走れるかがポイントとなりそう。

宝塚記念 2018 [今後の動向]

今年、猛威を振るう4歳馬の出走が少なく、比較的年齢層が高い顔ぶれ。サトノ2騎にとっては与し易い相手関係で、ここで復活がなければ厳しいか。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 宝塚記念→こじはる本命は⑯キセキ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA