エプソムカップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

エプソムカップ2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri2_1

これからの飛躍を狙う強豪が集う東京1800mの注目重賞

GⅠシーズンも一息つきましたが、今週の東京競馬場では夏の重賞シリーズへ向けて、秋のGⅠシーズンへ向けても注目のエプソムカップが発走となります。この春のGⅠ挑戦には手が届かなかったものの力のある各馬の争い。暑くなってきた季節だけに、追い切りの動きから好調を持続している馬をピックアップすれば馬券的中の確立は格段にあがること間違いなしです。

エプソムカップ 2018 [追い切り診断]

エプソムC 追い切り /グリュイエール

グリュイエール
栗東坂路【52.0-37.8-24.8-12.6】一杯
調教評価 A 坂路自己ベスト更新で上昇

2年ぶりのレースとなった前走の府中ステークスを快勝して臨むエプソムカップですが、前走後もしっかりと乗り込まれてむしろ攻めを強化。最終追い切りでも一杯に追われて坂路52.0と好タイムをマーク。長期休み明けを一度使って状態良化がうかがえる状態。左回りの広いコースはこの馬にとって現状ベストとも言えるコースであり、脚元にも不安がないならばここで待望の初重賞タイトル獲得にも期待が高まるところではないでしょうか。

エプソムC 追い切り /アデイインザライフ

アデイインザライフ
栗東坂路【52.0-37.8-24.8-12.6】一杯
調教評価 A 使う毎に調子を上げて走り頃

長期休養明けから2戦使われてきましたが結果は伴っていないものの、状態は徐々に上向いてきており、最終追い切りの坂路でも好タイムが出ていますが、1週前にはコース追いで4F50.0と速い時計をマーク。状態は右肩上がりにあがってきている感があるだけに、これまで2戦のマイル戦から実績もある東京コースの1800mに変わることでの一変に期待してみたい仕上がりであると言えそうです。この馬の末脚が活きる展開となればチャンスは十分にあると言えそうです。

エプソムC 追い切り /ベルキャニオン

ベルキャニオン
美浦南W【69.5-54.2-39.3-13.3】馬なり
調教評価 A 1週前コースでの動きは絶好

デビュー時にはクラシック候補とも騒がれた素質馬も7歳になりましたが、まだまだその脚力は健在と見てよさそう。直前の追い切りは軽めの調整となりましたが、1週前には【66.3-50.1-35.7-12.5】と7歳にして自己ベストタイムを更新。前走とてマイラーズで5着と好走しているだけに、このエプソムカップでも好走の可能性は十分にあると言えそうでこの状態ならば期待してもいいのではないでしょうか。

エプソムC 追い切り /マイネルフロスト

マイネルフロスト
美浦南W【71.0-55.5-39.7-13.5】馬なり
調教評価 A 7歳にしてこれまでで1番の時計をマーク

昨年9月の新潟記念以来の休み明けとなりますが、稽古の動きだけ見れば1週前に南Wコースで【65.9-49.6-36.6-12.9】と4F50秒を切る好タイムをマークしているように注目の動きを披露。あとはレース勘と息さえ保てば、昨年の夏も重賞で好走を続けた堅実な脚を駆使して上位をうかがう可能性も十分にある仕上がりにあると言えそうです。

エプソムカップ 追い切り/追い切りから見る他の注目馬

他では、人気になりそうなダイワキャグニーが挙げられますが、稽古で目立つ動きをする馬ではなく、この馬なりに順調に乗り込まれて態勢は整っており状態が悪いわけはないといったところで前向きにB評価をつけておきたいと思います。逆に長期休養明けとなるスマートオーディンは坂路で自己ベストをマークするなど動き自体活発に見えますが、元々稽古駆けする馬で、休養前はもっと動けていた感もあるだけにここはあくまでも叩き台という判断からB評価をつけておきたいと思います。他では休養明けを一叩きして状態面をあげてきているサトノアーサーにもB評価をつけてマークしておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこのエプソムカップで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 宝塚記念→こじはる本命は⑯キセキ!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメント

  1. 匿名 より:

    コース調教の位置って分かりますか?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA