麦秋ステークス 2018 予想 / ユラノトまだまだ伸びしろ十分 | 本気競馬

麦秋ステークス 2018 予想 / ユラノトまだまだ伸びしろ十分

yosou_tokubetsu

2018/6/2(土)開催 東京11R 麦秋ステークス
3歳以上1600万円以下 1400m (ダート) 定量戦

麦秋ステークス 2018 [予想印]

今年が最後とされる「降級」システムだが、ここはスピーディクール・トラスト・ハットラブ・ユラノトの4頭が降級馬。いずれも頭打ちでの降級ではないだけに、やはり有利の見立て。これに現級上位勢力のタイセイプレシャス・チェイスダウン・ブラインドサイド・プリサイエースあたりが、どこまで迫れるかがポイントとなりそう。

麦秋S 予想 【本命◎ ユラノト】

前走のアンタレスステークスは、久々+初重賞。最後は息切れでの5着とはいえ、中盤から一気に動く厳しい流れを踏ん張った内容は価値大。まだまだ伸びしろ十分の4歳馬で、血統面も含めて今後の飛躍が期待できる1頭だろう。平安ステークスを除外され、降級のここまで待つ形となったが、中間も実に入念な乗り込み。状態面の不安はない。

麦秋S 予想 【対抗○ ハットラブ】

ダート3勝はすべて1200mだが、芝の1400mで未勝利勝ち。この距離が極端にマイナスへ繋がることはなく、ここは降級戦。差して2馬身差の2走前を見れば、能力上位は明らかな存在だろう。前走の千葉ステークスもペースが合わなかったことを思えば、上々の競馬。勝ってオープンへ返り咲く。

麦秋S 予想 【単穴▲ トラスト】

頭打ちの感が強いものの、近走を見る限り、芝の瞬発力勝負では分が悪い印象。地方時代とはいえ、ダートは2戦2勝。全兄がダート5勝の現オープン馬ウインオスカーなら、こちらも適性はダートと見るべきか。注目の一戦。

麦秋S 予想 【特注☆ スリラーインマニラ】

前走の鳴門ステークスは14着と、同じ位置で運んだファッショニスタが快勝したところからもハッキリと力負けした形だが、今回はクラス2戦目。ここは頭数のわりに先行勢も手薄で、楽なペースが望めそう。粘り込んでの3着穴なら。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

麦秋ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:③ユラノト
  • 対抗○:⑭ハットラブ
  • 単穴▲:⑨トラスト
  • 特注☆:⑬スリラーインマニラ

波乱指数【30】

ここは降級馬が強く、順当に収まりそう。荒れるとすれば、3着穴。

馬券考察

馬券は馬連。馬番③を軸に、相手⑨⑬⑭へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA