早池峰スーパースプリント 2018 予想 / コウセンが王者の走りを披露する | 本気競馬

早池峰スーパースプリント 2018 予想 / コウセンが王者の走りを披露する

yosou_chihou

2018/6/3(日)開催 盛岡12R 早池峰スーパースプリント
一般オープン ダート 1000m(左) 定量戦

早池峰スーパースプリント 2018 [予想印]

とにかく短距離適性が問われるこの早池峰スーパースプリント。今年も12頭が参戦しスピードの限界に挑むが、新天地岩手で短距離を席捲しているコウセンが大外枠を引いている。となれば序盤は外から内へと向かう流れが速くなり、内に包まれる馬たちとしてはポジションが取りにくそうだ。外から番手マークできるタイプにも注意を払いたい。

早池峰スーパースプリント 予想 【本命◎ コウセン】

本命はコウセン。前走の白嶺賞では5着と距離の壁に泣いたが、短距離に戻せばまず期待の大きい存在。このレースは近走の勢いがそのまま反映されやすいので、岩手短距離路線で圧勝を重ねてきたこの馬が本命に相応しい。他に逃げそうな馬もいないので、的にされるのは仕方がないが、淡々と運んで押し切る競馬ができればそれで十分。王者の走りを披露する。

早池峰スーパースプリント 予想 【対抗○ タイセイファントム】

対抗はタイセイファントム。快速で他を寄せ付けないコウセンが前に行くとあれば、各馬そんなにスローな流れで追走することはできない。マークしながら競馬をしても最後一脚使えるとすれば、やはりこの馬を置いて他にはないと言ったところ。やや外の9番枠も、巻かれにくい分競馬がしやすく、コウセンを行かせてからの番手競馬が期待できる。自身の走りを貫ければ逆転があっても。

早池峰スーパースプリント 予想 【単穴▲ キングジャガー】

3番手はキングジャガー。前走は1000mの距離に対応したものだが、重馬場の中でのレースで3着であれば、ここでも着を拾えそう。元々中距離で先行して実績を挙げてきた馬だが、距離に目途を立てたとなるとあまり印は下げられない。今回は鞍上に北海道の桑村騎手を迎えて、このコンビがハマれば一発の可能性もある。馬格も若さも十分。

早池峰スーパースプリント 予想 【連下△ オースミチャド】

最後はオースミチャド。2走前から岩手競馬に転入したが、スプリントで連続2戦連対を果たしてきた。今回は最内枠で差し脚質がネックだが、距離適性と慣れが見込める上昇頃の3戦目。前走で同じ舞台の盛岡1000mを勝利しており、この点、ローテーションの面でも調整は有利とみる。展開的には一枚下げたがスピード的には魅力十分。無印にはできない。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

早池峰スーパースプリント 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑫コウセン
  • 対抗○:⑨タイセイファントム
  • 単穴▲:⑦キングジャガー
  • 連下△:①オースミチャド

馬券は馬複。馬番①⑦⑨⑫のBOX馬券、計6点で勝負!

[早池峰スーパースプリント:2018/6/3(日)-盛岡競馬 第12R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA