北斗盃 2018 予想 / ビジネスライクここも入着率高い | 本気競馬

北斗盃 2018 予想 / ビジネスライクここも入着率高い

yosou_chihou

2018/5/30(水)開催 門別12R 北斗盃
3歳オープン ダート 1600m(内コース・右) 定量戦

北斗盃 2018 [予想印]

昨年より1ヵ月以上繰り下げて開催される第42回北斗盃。昨年は岩手所属のベンテンコゾウに優勝を許し、続く北海優駿でも2冠達成を果たされてしまった。北海道勢の意地が最後の3冠阻止に繋がったが、その痛みが忘れられない今年の3歳クラシック。今年は他地区所属馬はおらず、昨年の二の轍はないが、メンバーもハイレベルで楽しみな一戦となった印象。飛躍を誓う14頭のぶつかり合いに注目。

北斗盃 予想 【本命◎ ビジネスライク】

本命はビジネスライク。牝馬で牡馬混合のここでは馬格でやや見劣るが、戦績的には強敵相手に善戦してきた実績がある。コース適性を考えると門別マイルはベストの舞台で、内枠2番で先行するのも展開面で吉と出そうだ。鞍上の服部騎手とは前走で快勝したが、今回も1kg増ならハンデ面でも気にはならない。7戦して6回の馬券圏内の安定感で、ここも入着する確率は相当に高そう。

北斗盃 予想 【対抗○ サザンヴィグラス】

対抗はサザンヴィグラス。前走・川崎のクラウンカップで11着と人気で惨敗、態勢を立て直されて地元のビッグレースに臨む。ここ門別では4着以下なしの安定感を誇示しており、鞍上の五十嵐騎手も自信を持って乗るだろう。先行馬が多い中でも、この馬のスピードは一枚上。外枠からでも理想のポジションで競馬を進められると見る。逆転可能な1頭。

北斗盃 予想 【単穴▲ ツルノシン】

3番手はツルノシン。元々は門別所属で一時期園田に転厩したが、また門別に戻ってきてから既に勝利を飾っている。短距離が中心のデビュー間もなくは成績も一息だったが、距離が伸びて明らかに頭角を現してきた。特に園田時代はスピード馬コーナスフロリダに勝利しており、この点からもここでは警戒が必要な一頭。好位から差せるセンスも持ち、一発も十分有り得る。

北斗盃 予想 【連下△ ニッポンダエモン】

最後はニッポンダエモン。前走・水沢のスプリングカップを4着と敗れているが、岩手競馬でスピードには定評があるブレシアイルを破っている。こちらも元々は門別デビューで2戦で勝ち上がるなどスピードがあり、成長力や柔軟性でも楽しみが大きい一頭。コースの左右を問わないタイプでマイルも2戦2勝としており、馬場が乾いているのであれば十分チャンスもあるだろう。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

北斗盃 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:②ビジネスライク
  • 対抗○:⑪サザンヴィグラス
  • 単穴▲:⑨ツルノシン
  • 連下△:③ニッポンダエモン

馬券は馬複で馬番②③⑨⑪のBOX、計6点で勝負!

[北斗盃:2018/5/30(水)-門別競馬 第12R-20時40分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA