メイステークス 2018 予想 / ダイワキャグニー負けられない一戦 | 本気競馬

メイステークス 2018 予想 / ダイワキャグニー負けられない一戦

yosou_tokubetsu

2018/5/19(土)開催 東京11R メイステークス
4歳以上オープン 1800 (芝) ハンデ戦

メイステークス 2018 [予想印]

3週間後に同舞台で行われる重賞・エプソムカップへ向けて物差となりそうな一戦。人気は「強い」4歳勢に集まりそうで、まずはサトノアーサー。ダービー10着以来となる東京コースだが、当時は距離が合わなかったもの。本質的には広いコースでこそのタイプ。ダイワキャグニーも距離不向きのダービーを除けば、実に堅実。強敵相手の毎日王冠4着は、この馬のポテンシャルの高さを示すものだった。昨年2着のアストラエンブレムは、叩いてどこまで変わってくるか。タイセイサミットの手堅さも侮れないが、一発の魅力ならゴールドサーベラスか。

メイS 予想 【本命◎ ダイワキャグニー】

前走の東京新聞杯は、辛抱強く伸びて3着だが、上位2頭とは枠順の差も。そして重賞に入れば、1600mも若干短い感じがあった。おそらくベストはこの1800mで、その裏付けとなるのが、4走前の毎日王冠。ダービー馬2頭を含む、GⅠ馬5頭が顔を揃えたドリームマッチだったが、最後までしぶとく粘って0秒2差4着。ここはエプソムカップへ向けても、負けられない一戦となる。

メイS 予想 【対抗○ サトノアーサー】

ダービー10着とはいえ、上がりは33秒4。ペースが合わなかっただけで、自身もしっかりと脚を使えていた。前走はペースが噛み合ったこともあるが、2歳時以来となる勝ち星。この一戦がひとつのキッカケとなれば、当然今回も目が離せないところ。こちらも1ハロンの距離延長は好材料。

メイS 予想 【単穴▲ ストーンウェア】

東京・中京で2勝ずつなら、左回りベターは明らかなところ。前走の福島民報杯は10番人気3着と奮起も、元々これぐらいは走れていい馬。3走前のノベンバーステークス(東京芝1800m)快勝が叩き2戦目。今回も同ローテ。

メイS 予想 【特注☆ レアリスタ】

体質が弱く使い込めないが、東京5勝の実績馬。昨年のこのレース4着で、2走前はダイワキャグニーと0秒4差だけ。秘める力は互角以上だろう。今回も間隔があいたものの、稽古の動きは軽快。仕上がりは万全とみていい。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

メイステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩ダイワキャグニー
  • 対抗○:⑨サトノアーサー
  • 単穴▲:④ストーンウェア
  • 特注☆:⑮レアリスタ

波乱指数【30】

ハンデ戦とはいえ、軽ハンデ馬に魅力的な馬は少ない。実績上位馬がキッチリと結果を出すムード。

馬券考察

馬券は馬連。馬番⑩を軸に、相手④⑨⑮へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA