鞍馬ステークス 2018 予想 / 上積みも大きいセカンドテーブル本命 | 本気競馬

鞍馬ステークス 2018 予想 / 上積みも大きいセカンドテーブル本命

yosou_tokubetsu

2018/5/6(日)開催 京都11R 鞍馬ステークス
4歳以上オープン 1200m (芝) 別定戦

鞍馬ステークス 2018 [予想印]

いかにもオープン特別といった顔ぶれだが、今後のためにも賞金加算は必須。実績面ではシルクロードステークス4着カラクレナイ・6着グレイトチャーターあたりだが、全幅の信頼とまでは言えない近況。順調さでセカンドテーブル・ヤマカツグレース・オールインワン・ライトフェアリーら昇級組から入るのも一つの手だろう。

鞍馬S 予想 【本命◎ セカンドテーブル】

前走は大外枠から強引に出していく形になり、前半3ハロン通過33秒0。苦しいペースになってしまったが、それでも最後の直線では一旦抜け出す場面。2着とはいえ、勝ち馬とは斤量で3kg差があったことも考えれば、負けて強しが当て嵌まる内容だった。ここはハンデ→定量戦、急坂中山→平坦京都と条件も好転。【51.5-37.6-11.8(馬なり)】の今週の動きから、一息後を叩いての上積みも大きい。

鞍馬S 予想 【対抗○ カラクレナイ】

1400mの重賞勝ちがあるとはいえ、モロに折り合いを欠いた前走を見る限り、今後の主戦場は1200mといった感触。現に初めてのスプリント参戦となったシルクロードステークスでは、高松宮記念快勝のファインニードルと0秒4差しかなかった。ここは改めて注目。

鞍馬S 予想 【単穴▲ ヤマカツグレース】

前走はインを上手く捌いたコース利もあったが、実に鮮やかな勝ちっぷり。兄がヤマカツエースで昨春のフローラステークスでも2着好走がある力量馬。ひと頃の不振から脱したと見れば、ここでも即通用の感触。

鞍馬S 予想 【特注☆ タイセイスターリー】

オープン昇級後の前2走はともにダートだが、十分通用の先行力は誇示。3走前は逃げて快勝だったが、自分のリズムならハナには拘らないタイプ。芝に戻るここは穴の資格あり。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

鞍馬ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩セカンドテーブル
  • 対抗○:⑤カラクレナイ
  • 単穴▲:⑫ヤマカツグレース
  • 特注☆:⑧タイセイスターリー

波乱指数【70】

各馬一長一短、どこからでも入れる顔ぶれと言えよう。波乱の可能性は高い。

馬券考察

馬券は馬連。馬番⑩を軸に、相手⑤⑧⑫へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA