【京都新聞杯2018予想/オッズ/出走予定馬】ダービー出走狙う3歳馬の争い | 本気競馬

【京都新聞杯2018予想/オッズ/出走予定馬】ダービー出走狙う3歳馬の争い

cyumou_02

ダービー出走へのラストチャンスをモノにするのは果たしてどの馬か?

京都新聞杯は日本ダービーへ向けて最後の前哨戦となり、このレースを制して夢の舞台へと駒を進めるのはどの馬となるかに注目の集まるところではあります。ちょうど5年前にはキズナがこのレースを制してから、本番の日本ダービーを勝利したことは記憶に新しい方もいるかもしれませんが、今年の出走予定馬からキズナに続いてダービーで輝く馬はいるのか?予想オッズも含めてチェックしていきます。

京都新聞杯 2018 [予想される出走予定馬]

京都新聞杯 2018/タニノフランケル

フランケル×ウォッカ超良血の血が騒ぐ

タニノフランケルは欧州最強馬のフランケルとダービー馬ウォッカの間に生まれた超良血馬がまずはダービー出走をかけた京都新聞杯へなんとか駒を進めてきました。デビュー時から安定した走りを見せつつも、肝心なところで勝ち切れない決め手不足が露呈されてきましたが、前走でなんとか勝利を手にしての重賞挑戦。先行しての安定した末脚はここでも大崩れなく走ってきそうな感はありますが、勝ち切るまではどうなのかというのが実状ではないでしょうか。ただ重馬場で2勝をあげているように、馬場が渋れば一気に勝ち切りまでのチャンス到来となりそうです。

京都新聞杯 2018/グローリーヴェイズ

鍵を握るのはその状態面

グローリーヴェイズは前走・きさらぎ賞2着の関東馬。皐月賞を目指していたものの体調が整わずに回避し、先週の青葉賞もパスして再度関西圏への遠征で京都新聞杯へエントリーしてきました。同日の東京で行われるダービートライアル・プリンシパルステークスには登録もせずにこちらに向かうということは、このレースに勝機ありと陣営は見ているのでしょうが、重賞2着の実績はここでは上位のものともなり、先行して息の長い脚を使うレース振りは安定感を感じさせるところでもあります。仕上がりさえ問題ないようであれば、上位争い必至の存在であると言えるでしょう。

京都新聞杯 2018/フランツ

脚溜めて末脚爆発させる

フランツは3戦2勝、唯一の敗退は福永騎手騎乗で我慢できず早めに動いていったのが裏目に出ての敗戦で、しっかりと脚を溜めて末脚を爆発させた2戦では勝利を収めているように、道中で脚を溜めることさえできれば、その末脚は脅威の存在となることは間違いのない馬と言えるでしょう。前走も鮮やかな差し切り勝ちを収めましたが、今回も前走と同じデムーロ騎手が騎乗しての1戦となるのは何よりの強み。ここも道中余計なことをせずに脚を溜めさえすれば、直線で目を引く末脚を披露してくれるものと期待できるでしょう。

京都新聞杯 2018/シャルドネゴールド

叩き良化型が休み明け一叩きで一変

シャルドネゴールドは前走の毎日杯でも注目されましたが、良いところなく7着に敗退したことで今回は多少評価を下げることとなりそうですが、これまでの戦績を見ても勝利を挙げるのは叩き2戦目。7着とはいえ勝ち馬との差は僅かで、そう悲観するような内容でもなかったことを考えれば当然ここは巻き返しに期待といったところ。今回の京都新聞杯でも人気になりそうなフランツやレノヴァールを暮れの500万下戦で一蹴して勝利しているのが、このシャルドネゴールドということもあるだけに力のある馬であることは確かでしょう。

京都新聞杯 2018/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも、出走してくればその堅実駆けに当然期待のアドマイヤアルバや、ホープフルステークス3着の実績光るステイフーリッシュにも注目しておきたいところですが、この2頭はプリンシパルステークスとの両睨みだけに出否は流動的。後は前走で500万下特別戦を快勝しているアルムフォルツァレイエスプランドルも、勝った勢いで一気に重賞にも手が届いておかしくない状況だけに注目しておく必要がありそうです。

京都新聞杯 2018 [馬券のポイント]

人気は血統的にもタニノフランケルが1番人気となりそうですが、絶対的な信頼はおけずどちらかというと押し出されて1番人気になりそうな感。グローリーヴェイズやフランツといったあたりも差のない人気になることが想定され、ここは上位拮抗の混戦模様で展開ひとつで波乱の可能性も十分にありそうです。買うべき馬と消しの馬さえしっかりと定まれば思わぬ高配当を手にするチャンスとも言えるだけに、それならば大事なのはやはりいかに効率的に情報を入手できるかに尽きるでしょう。スポーツ紙面やネット上に溢れるありきたりな情報ではなく、他の人が知ることのできない情報を入手して馬券勝負するのが一番ですね。

京都新聞杯・本当に強いのはどの馬?

スポーツ紙面やネット上の情報に流されて人気通りに馬券を買うのではなく、情報に流されずに本当に強い馬をしっかりと見極め、いかに的確に買うべき馬を選出して馬券を組み立てるが今年の京都新聞杯のポイントとなりそうです。

4/29(日)
東京3R 3歳未勝利 獲得 1,265,100円
東京6R 3歳500万下 獲得 705,800円

4/28(土)
東京12R 4歳上1000万下 獲得 63,600円
東京10R 春光ステークス 獲得 1,419,700円

勝負レースとして公開した予想をきっちりと的中して、先週もしっかりと儲けを出している的中ファクトリーの提供する重賞予想情報は、今週の京都新聞杯においても当然要チェックな情報となりそうですね。この情報を知った上で馬券を買うのと、スポーツ紙やネット上のありきたりな情報だけで馬券を買うのとでは、的中率に大きな差が出るのは言うまでもないでしょう。

情報保護の観点からここではその予想や買い目を公開するはNGということなので、どう馬券を買えばいいのかは公式サイト(無料登録)を確認してみてくださいね。
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

果たしてその自信の本命馬はタニノフランケルなのか?グローリーヴェイズなのか?一発を狙ってアイムフォルツァあたりを指名してくるのか?それとも思いもよらないアッと驚く穴馬を本命に指名するのか?…実に気になるところですね。

京都新聞杯・自信の本命馬公開はコチラから

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中京記念→果たして、こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA