天皇賞春2018追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

天皇賞春2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri2_1

春の盾を制するのは追い切り抜群、絶好調のこの馬!

天皇賞春へ向けて、出走馬17頭が最終追い切りを終えて態勢を整えてきています。3200mという長距離を走るだけに調子の良し悪しはラストのスタミナにも影響してくるというもの。それだけにシュヴァルグランやレインボーラインといった人気上位馬だけでなく、全馬の中から追い切りの動きで目立つ馬をしっかりとピックアップしておきましょう。

天皇賞春 2018 [追い切り診断]

天皇賞春 追い切り/シュヴァルグラン

シュヴァルグラン
栗東坂路【54.6-39.8-25.7-12.8】一杯 併せ先着
調教評価 A 状態は確実に前走以上

追い切り当日は雨の不良馬場で時計のかかる状態ではありましたが、それでも確かな脚取りで坂路を駆けあがってきたシュヴァルグラン。1週前にはCWコースで【82.5-67.0-51.9-37.6-12.2】と好タイムをマークしており、終いの伸びは前走の大阪杯よりも切れを増しているだけに、休み明けを一叩きして状態は確実に良化と見て良さそうなところ。前走の大阪杯でよもやの12着大敗を喫しましたが、展開や距離が向かなかっただけでなく、鞍上も三浦騎手のテン乗りであったならば致し方ない結果であったとも言えますが、今回はジャパンカップを制したボウマン騎手を呼び寄せて再コンビ結成と陣営もやる気満々。前走大敗の精神的ダメージさえなければ、過去2年ともに好走している舞台だけにきっちりと巻き返し可能な状態に仕上がっていると判断して良いでしょう。

天皇賞春 追い切り/レインボーライン

レインボーライン
栗東坂路【60.0-43.3-27.9-13.4】馬なり
調教評価 A いつも通りの調整で馬体引き締まる

最終追い切りの時計だけ見るとかなり遅い時計となっているだけに心配されるところではありますが、これはいつもの調整パターンであり、実質的な追い切りは先週の日曜にというのがこの馬のパターン。その日曜日の追い切りでは栗東坂路で【52.3-37.9-25.5-13.1】をマークしており、いつも通りの軽快な動きを見せています。休み明けで阪神大賞典を制しましたが、その時と比較しても馬体は締まって好仕上がりは歴然。初GⅠ制覇へ向けて態勢は万全整ったといったところでしょう。後は決め手勝負になりやすい京都コースをいかに克服するかに尽きるでしょう。

天皇賞春 追い切り/サトノクロニクル

サトノクロニクル
栗東CW【52.5-38.4-10.9】G前追う 併せ遅れ
調教評価 A 終いの伸びは強烈で注目

併せ馬で遅れはしたものの計時したラスト1Fの時計は10.9という破格の時計。状態が良くなければ出せない時計とも言えるだけに、これは前走阪神大賞典を叩いて状態をかなりあげてきていると見て良さそうです。末脚勝負になりやすい京都コースは好相性を示しているコースであり、大きく崩れたのは馬場が悪くなった菊花賞のみ。前走の阪神大賞典で距離に目処がたった今、得意のコースで末脚が嵌れば一発あってもおかしくない状態にあると言えるでしょう。

天皇賞春 追い切り/アルバート

アルバート
美浦南W【68.1-52.3-38.5-12.8】G前追う 併せ併入
調教評価 A コース自己ベストマークで3度目の正直狙う

堀厩舎の馬だけにそこまで目立つ時計を出すことはありませんが、それでもこの中間はいつになく入念な調整で1週前にはコース6F【66.0】の自己ベストタイムをマークと、3度目の挑戦となる天皇賞春へ向けて仕上がりは万全といったイメージ。状態面は文句なしでしょう。スタミナだけならば現役屈指のものを誇るアルバートですが、京都コースで末脚勝負になると分が悪く、これまで2回の挑戦は6着・5着という成績。いかにスタミナ勝負に持ち込めるかが鍵となってきそうですが、ルメール騎手の手腕次第でそのスタミナを発揮できる展開に持ち込めれば3度目の正直の可能性も生まれてくるのではないでしょうか。

天皇賞春 追い切り /無料買い目情報公開!

稀に見る混戦が予想される天皇賞春ですが、競馬ファンなら誰しもが夢見るGⅠ的中へ向けて、今週も資金確保は万全にしておきたいところ。天皇賞春の見解や、今週の特選馬・無料の買い目情報などが公開されているサイトがあります。

『的中ファクトリー』というサイトですが、先週の的中実績として4/22(日)の波乱となった京都10R 桃山ステークスを3連単2,601,300円獲得、4/21(土)福島10R伏拝特別 3連単431,400円獲得するなど、驚愕の的中を披露している模様。「的中を逃した人の影に、ちゃっかり的中している人がいる」のは当然の話ですが、それがここに凝縮されているのが伺える内容。同じようなことしか言わない一般スポーツ紙・有名予想家をよそに、「裏の裏を読む」独自の見解と分析がこの結果に繋がっているようです。資金確保にお悩みなら、「目からウロコ」な情報を得られる可能性も。夢の重賞的中、参考にする程度でも無料なら安心です。

天皇賞春(GⅠ)無料の買い目情報はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターン メールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

tohyoken_01

天皇賞春 追い切り/追い切りから見る他の注目馬

人気になりそうなところではクリンチャーをまだあげてはいませんでしたが、前走の阪神大賞典でテンションがあがってしまったことを考慮してこの中間はあえて控えめの軽めの調整となったために時計的に前走と比較すると見劣るところとなってしまっています。これが吉と出ればいいのでしょうが追い切りの動きだけ見るとやはり前走よりも見劣りするだけにB評価止まりとすることとします。調整パターンという点ではトーセンバジルが荒れた馬場を嫌って芝コースでの追い切りに変更されて追い切られました。動き自体は悪くないもののこのパターン変更は半信半疑な部分があるだけにB評価としておきます。穴目で注目しておきたいのはチェスナットコート。坂路で自己ベストタイムをマークしており、状態だけは文句なしといったところでB評価はつけておきたいところです。

keibajo_02

それでは今週はこの天皇賞春で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA