【青葉賞2018予想/オッズ/出走予定馬】ダービー有力馬誕生なるか? | 本気競馬

【青葉賞2018予想/オッズ/出走予定馬】ダービー有力馬誕生なるか?

cyumou_01

日本ダービーへの切符を手にするのはどの馬か?凌ぎを削る3歳馬

皐月賞はエポカドーロが制しましたが、それによって日本ダービーへの勢力図も混沌としてきました。そんな中、今週末発走となる青葉賞から更なるダービーの有力候補馬は誕生するのか?今年の出走予定馬を見ていくと、皐月賞をパスしてダービー一本にかける素質高いディープインパクト産駒4頭が予想オッズからも人気の中心となり、末脚勝負を繰り広げてくれそうです。

青葉賞 2018 [予想される出走予定馬]

青葉賞 2018/ダノンマジェスティ

左回り東京で末脚爆発なるか

ダノンマジェスティは昨年の皐月賞馬アルアインの弟としても注目を集めましたが、デビュー戦で上がり33.0という決め手を披露して圧勝。続くきさらぎ賞では1番人気に支持されながらも6着と敗退しました。この際に騎乗していた松若騎手が「左に張っていたのが敗因」とコメントを残したことから3戦目は左回り中京の大寒桜賞を選択。直線で挟まれる不利もありながら激しい叩き合いを力でねじ伏せるような勝ち方で勝利して青葉賞へ駒を進めてきました。現状では左回りがベターでしょうし、前走で騎乗していた内田騎手も前走で「厳しい競馬を経験したことにより次は楽に運べる」とのコメントを残しましたが、そのコメント通りならば今回の青葉賞はスムーズに運んでのレースが期待できるところでもあり、その性能をしっかりと発揮して上位争いを期待してみたいところです。

青葉賞 2018/オブセッション

その素質は皐月賞組に劣らず

オブセッションは前走のスプリングステークスでダノンプレミアム・ワグネリアンに次ぐ評価をされていた素質馬。ただレースでは4コーナーで大きく外に膨れてレースにならず。馬が若さを露呈したレースとなりました。その後は立て直しに一旦放牧に出て調整を進められてきましたが、2歳時に見せた強い走りができれば、この青葉賞でも当然上位争いが期待できるところであり、いかにまともに走れるかどうかが課題となってくることでしょう。鞍上のルメール騎手も前走と同じ轍は踏まないはずでしょうし、中山コースよりも東京コースの方が競馬はしやすいタイプであるとも思えるだけに、巻き返してのダービーへの権利獲りへ改めて期待してみたい1頭となることでしょう。

青葉賞 2018/スーパーフェザー

その決め手は東京コースで更に活きる

スーパーフェザーはこれまで4戦2勝。前走のアザレア賞は阪神2400mで上がり33秒台の末脚を繰り出して勝利をしたことにより改めてその素質の高さを評価されているところとなっていますが、2走前は小倉のあすなろ賞で後方から追い込んでの2着。勝ったのが皐月賞を制したエポカドーロであったことを考えれば、馬場が合わずに敗退した若駒ステークスを度外視すれば胸を張れる成績となっています。長丁場の決め手勝負を経験しているのもプラスとなるでしょうし、直線の長い東京コースで更にその末脚を爆発させてくる可能性もあるだけに、ここは注目すべき1頭となることでしょう。

青葉賞 2018/サトノソルタス

遅れてきた大物となるのか注目

サトノソルタスはデビュー2戦目となった共同通信杯で2着すると、その後はスプリングステークスも視野に入れましたが、青葉賞に狙いを定めて調整を進められてきています。まだ底を見せていない魅力もありますし、前走で騎乗していたムーア騎手もかなりの素質を感じたとコメントを残した1頭。この2ヶ月間でどれだけ成長してきているかにも注目ですが、今年の共同通信杯はそこまでメンバーが揃ったレースではなかっただけに、このメンバーに入っての相手関係も微妙なところ。ただ、その性能は走りを見る限りは高い馬であることは簡単に想像できるところであり、この青葉賞でどんな競馬を見せてくれるのかには注目してみたい1頭であることは間違いないでしょう。

青葉賞 2018/予想オッズから見る他の人気馬

その他にも、デビュー時からクラシック候補と評されてきたもののここ2戦で結果が伴っていないシルヴァンジャーであったり、ディープブリランテの弟ディープインラヴのディープインパクト産駒2頭にも注目が集まりますが、堅実駆けのエタリオウや毎日杯4着のノストラダムスといったあたりにもチャンスは十分にあると言えるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA