新潟大賞典 2018 出走予定馬|トリオンフなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

新潟大賞典 2018 出走予定馬|トリオンフなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/5/6(日)開催「新潟大賞典(GⅢ)」に向けて、トリオンフ・メートルダールなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

新潟大賞典 2018 [1週前出走予定馬]

  • ステファノス/牡7/藤原英厩舎・栗東
  • トリオンフ/せん4/須貝厩舎・栗東
  • スズカデヴィアス/牡7/橋田厩舎・栗東
  • ブレスジャーニー/牡4/佐々木晶厩舎・栗東
  • メートルダール/牡5/戸田厩舎・美浦
  • ハクサンルドルフ/牡5/西園厩舎・栗東
  • アウトライアーズ/牡4/斎藤誠厩舎・美浦
  • トーセンマタコイヤ/牡7/加藤征厩舎・美浦
  • マイスタイル/牡4/昆厩舎・栗東
  • ナスノセイカン/牡6/矢野厩舎・美浦
  • ステイインシアトル/牡7/池江寿厩舎・栗東
  • シャイニープリンス/牡8/栗田博厩舎・美浦
  • ヴォージュ/牡5/西村厩舎・栗東

■2018/4/23現在

新潟大賞典 2018 [注目馬考察]

新潟大賞典 出走予定馬 /トリオンフ

前走の大阪杯は、スローを見越して早めに動いた鞍上の好騎乗もあったが、さらに後ろからマクってきたのが勝ったスワーヴリチャード。展開的には厳しい競馬をしており、直線2番手から1秒差内なら悲観する内容ではなく、むしろ良い経験とも。GⅠを目一杯に走っての反動だけが怖く、中間の調整を注視したい。

新潟大賞典 出走予定馬 /メートルダール

前2走ともにペースに泣いたクチだが、相手が強すぎた印象も。ここはグンと相手関係が楽になるし、平坦コースも持ち味の瞬発力を生かすに絶好の舞台。今回は言い訳が許されない一戦となる。

新潟大賞典 出走予定馬 /マイスタイル

前走は競りかけてきたラインルーフと2頭で引っ張る形となり、1000m通過58秒1。四角でこの争いを制して先頭に立ったが、さすがに押し切れるまでの余力はなかった。それでも3着馬には1馬身差、やはり能力は高い。新潟外回りでゆったりと運べるようなら。

新潟大賞典 2018 [今後の動向]

ハンデ戦で常に波乱と隣り合わせの一戦。直線の長い外回りとはいえ、意外とインを粘る逃げ~先行馬も多く、穴の資格はこの組。

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA