二十四万石賞 2018 予想 / ミッキーヘネシーが勝負気配満点 | 本気競馬

二十四万石賞 2018 予想 / ミッキーヘネシーが勝負気配満点

yosou_chihou

2018/4/15(日)開催 高知7R 二十四万石賞
4歳以上オープン ダート 1900m(右) 定量戦

二十四万石賞 2018 [予想印]

1900mの中距離重賞・二十四万石賞。今年は8頭が顔を揃えたが、例年とは様相が違う。それは大外枠のミッキーヘネシーが参戦してきた点で、南関東でもオープンで走れているこの馬の参戦は意外なところ。優勝を目指しての参戦に間違いない。佐賀記念ではキクノソルに次ぐ5着と掲示板を確保しており、中距離戦の今回は存在感を増しそうだ。臨戦過程で圧倒するこの馬の優勝となるか注目。

二十四万石賞 予想 【本命◎ ミッキーヘネシー】

本命はミッキーヘネシー。現在9歳を迎えたが、安定感ある走りでこつこつ賞金を積み上げている。マイルが得意で中距離までは守備範囲というスピード馬で、今回のメンバーならば実績からも注目だろう。先述の通り離されたとはいえ、佐賀記念で掲示板に食い込む力があるのは上位。ハーツクライ産駒らしく成長力に富むタイプで、高知の舞台もご当地ならば遠征のような心配もない。ここは勝負気配。

二十四万石賞 予想 【対抗○ イッツガナハプン】

対抗はイッツガナハプン。時々ポカを見せるがこの高知こそが理想郷で、これまで【12.2.0.3】と安定した成績を残してきた。中団からまくっていく際の速い脚が特徴で、赤岡騎手の手腕があれば鬼に金棒といったところ。小回りのコーナー6回は走りやすい舞台。高知県知事賞でも好走歴があるだけに、中距離戦への距離延長もプラスに働いておかしくない。逆転も十分。

二十四万石賞 予想 【単穴▲ ハルイチバン】

3番手はハルイチバン。これまで高知競馬で【12.2.0.2】の成績だが、元は六甲盃を制するなど、長距離でも勝てるスタミナがある。地方競馬の中でもレベルの高い園田出身でもあり、小回りの平坦コースは最も得意とするところ。高知での戦歴ではマイル以上のレースがないが、それだけにこのチャンスはぜひともものにしたい一戦。内枠で先行できる強みを生かして優勝を狙う。

二十四万石賞 予想 【連下△ ワイルドコットン】

最後はワイルドコットン。前走で高知競馬最大の祭典・黒船賞に参戦、人気通りの走りで7着という成績だった。この一戦は中央馬を差し置いて地方馬エイシンヴァラーが優勝したが、不良馬場という事もあり、外差しのこの馬には辛い展開だった。それでも高知の名牝ディアマルコにはきっちり先着を果たし、高知競馬所属馬としては最先着を果たしている。乗り慣れた西川騎手の手綱も好感で、最後の一差しがあるとすれば浮上の可能性も。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

二十四万石賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑧ミッキーヘネシー
  • 対抗○:④イッツガナハプン
  • 単穴▲:①ハルイチバン
  • 連下△:⑦ワイルドコットン

馬券は馬複。馬番①④⑦⑧のBOX、計6点で勝負!

[二十四万石賞:2018/4/15(日)-高知競馬 第7R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  5/6(日)開催【NHKマイルC】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA