フローラステークス 2018 出走予定馬|サトノワルキューレなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

フローラステークス 2018 出走予定馬|サトノワルキューレなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/4/22(日)開催「フローラステークス(GⅡ)」に向けて、サトノワルキューレ・オハナなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

フローラステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • オハナ/牝3/堀厩舎・美浦
  • サトノワルキューレ/牝3/角居厩舎・栗東
  • サラキア/牝3/池添学厩舎・栗東
  • センテリュオ/牝3/高野厩舎・栗東
  • レーツェル/牝3/伊藤大厩舎・美浦
  • ノームコア/牝3/萩原厩舎・美浦
  • レッドベルローズ/牝3/鹿戸厩舎・美浦
  • ノーブルカリナン/牝3/友道厩舎・栗東

■2018/4/10現在

フローラステークス 2018 [注目馬考察]

フローラS 出走予定馬 /サトノワルキューレ

ディープ産駒にしては珍しく、瞬発力よりもスタミナを生かす馬力型。2走前の梅花賞は2着馬エタリオウに寄られる不利もあり3着止まりだったが、前走は持ち味のロングスパートでキッチリ雪辱。この時期の牝馬が牡馬相手に芝2400mを勝つこと自体異例と言ってもよく、如何にも我慢比べとなる東京コースが合うタイプ。是が非でもオークスの権利が取りたい1頭だろう。

フローラS 出走予定馬 /オハナ

前走のクイーンカップは、東京芝1600mでは不利とされる外枠。前に壁を作れず、一列下げざるを得ない展開になったことを思えば、4着でも内容は十分といったところか。祖母がマイルGⅠ2勝のノースフライトで、母ハウオリも芝1800mまでが限界だった馬。血統面の後押しはないが、3歳馬同士ならまだ素質の違いでカバーはできるはず。

フローラS 出走予定馬 /サラキア

前走のチューリップ賞はスタート後手に加えて、6kg減で腹構えもギリギリ。それでもラストはしっかりと詰めて4着、上位3頭が桜花賞で掲示板だからその価値は高い。一息入れたことで馬体も回復するはずで、母サロミナが母国ドイツにてGⅠ・ドイツオークス(ディアナ賞/芝2200m)の勝ち馬なら距離延長も大歓迎だろう。桜花賞にアーモンドアイ・プリモシーンを送り、旋風を巻き起こすシルク勢。第3の矢となりそうなのがこの馬。

フローラステークス 2018 [今後の動向]

今年は桜花賞組が強すぎる印象だけに、距離適性を生かして隙を突きたい顔ぶれ。あまり本番に直結しない一戦だが、勝ち馬にはやはり注目だろう。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  4/29(日)開催【天皇賞春】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  4/28(土)開催【青葉賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA