東海桜花賞 2018 予想 / カツゲキキトキトが優勝争いの第一候補 | 本気競馬

東海桜花賞 2018 予想 / カツゲキキトキトが優勝争いの第一候補

yosou_chihou

2018/4/10(火)開催 名古屋11R 東海桜花賞
4歳以上オープン ダート 1400m(右) 定量戦 かきつばた記念トライアル

東海桜花賞 2018 [予想印]

かきつばた記念(JpnⅢ)のトライアルレースとして、古馬の地方交流重賞となっている東海桜花賞。前年は兵庫所属のトウケイタイガーが優勝したが、地元の雄・カツゲキキトキトも立派に食い下がっていた。今回はカツゲキキトキトに加え、梅見月杯優勝のポルタディソーニを擁する布陣で、地元名古屋勢に有利な状況も見て取れる。他地区の馬の台頭はいかに。

東海桜花賞 予想 【本命◎ カツゲキキトキト】

本命はカツゲキキトキト。やはり名古屋が舞台であれば常に上位争いを演じている、この馬の存在を軽くは扱えないところ。特に2000mを超えるダートの中長距離から、1400m戦まで幅広くこなせるセンスがある。2走前のアクアマリンオープンでは後続を4馬身離して勝利し、トップスピードに乗ったら簡単には付いていけない。前走からの距離短縮も問題にはならないはずで、ここも優勝争いの第一候補と見て良いだろう。

東海桜花賞 予想 【対抗○ ポルタディソーニ】

対抗はポルタディソーニ。今回最内枠からレースを進める事になるが、同舞台のゴールド争覇でカツゲキキトキトの3着時には、外枠の不利もあった。今回はこの点が入れ替わる事もあり、また梅見月杯優勝を見ても今まさに充実していることが窺える。スピードに富みスタミナもあり欠点が少ない馬で、名古屋競馬場の実績も【6.1.1.1】と安定している。鞍上には女性の名手・宮下瞳騎手が騎乗で、人気薄で制した前走がフロックでない事を証明する。

東海桜花賞 予想 【単穴▲ スターインパルス】

3番手はスターインパルス。南関東・浦和の名門小久保厩舎所属馬だが、この浦和の桜花賞を前年制したS1馬だ。スピードでは例え歴戦の古馬相手でも引けを取らず、速い流れもでもこの馬が先陣を切って逃げて行きそう。この名古屋を知り尽くしている名手・岡部誠騎手が騎乗で、テン乗りも前走大敗の巻き返しは必至と見る。その前走のロジータ記念も距離が合わなかったに過ぎず、適鞍に戻る今回は粘りに粘るはず。

東海桜花賞 予想 【連下△ ドリームコンサート】

最後はドリームコンサート。父サウスヴィグラスと言えば砂の短距離王であるが、その産駒もまた父に似てダートの短距離を席巻してきた。そんな父が今年は他界し、残された産駒たちが相変わらず活躍しているが、このドリームコンサートも9歳で前走初重賞制覇を飾るなど大暴れ中。その前走・園田ウインターカップでは波乱の立役者となったが、このダート1400mのカテゴリーは大得意。もう一丁を期待するのに相応しい実績馬。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

東海桜花賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑪カツゲキキトキト
  • 対抗○:①ポルタディソーニ
  • 単穴▲:⑥スターインパルス
  • 連下△:⑩ドリームコンサート

馬券は馬複。馬番①⑥⑩⑪のBOX、計6点で勝負!

[東海桜花賞:2018/4/10(火)-名古屋競馬 第11R-16時20分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA