吾妻小富士賞 2018 予想 / シンボリバーグ開幕週の馬場は大歓迎 | 本気競馬

吾妻小富士賞 2018 予想 / シンボリバーグ開幕週の馬場は大歓迎

yosou_tokubetsu

2018/4/7(土)開催 福島11R 吾妻小富士賞
4歳以上1000万円以下 1200m (芝) 定量戦

吾妻小富士賞 2018 [予想印]

今週から開幕の福島競馬。昨秋以来なら、当然馬場は絶好。ペースが速くても、そう簡単には前も止まらない。注目はエリシェヴァ。久々OK、開幕週の馬場も大歓迎のクチ。昇級+初めての芝1200mで見せ場を作ったシンボリバーグ・ハルクあたりの上昇度も見逃せない。エクラミレネールも距離短縮に活路、準オープンで2着2回のレーヴムーンだが、今回は久々克服がカギに。

吾妻小富士賞 予想 【本命◎ シンボリバーグ】

ハンデに恵まれた点も確かだが、前走は昇級緒戦+初めての芝1200mで0秒3差3着。難なく好位を追走できた内容も悪くなく、能力通用を証明すると同時に高い距離適性も示した。あの先行力なら、当然開幕週の馬場は大歓迎。牝馬にしては馬格があり、55kgも苦にしないはず。

吾妻小富士賞 予想 【対抗○ レーヴムーン】

準オープンでの2着2回は、「0秒0」「0秒1」差の大接戦。降級後の前3走は勝ち切れなかったが、2・3走前の勝ち馬は現オープン馬タマモブリリアンとデアレガーロ。結果的に、相手が悪かったと処理できる。気のいいアドマイヤムーン産駒で、久々も問題なし。ここは力の違いを見せつける。

吾妻小富士賞 予想 【単穴▲ エクラミレネール】

母シャトーサウザンドは、ダート1000~1400mで3勝。芝・ダートの違いこそあれ、母系は完全に短距離志向。スローに落としても最後のひと踏ん張りが利かない近走を見ると、距離短縮は大いに歓迎だろう。前、前からの粘り込みに期待。

吾妻小富士賞 予想 【特注☆ ダイワプロパー】

昇級緒戦の前走が0秒8差。通用のメドを立てたとまでは言い難いところだが、クラス2戦目の慣れは見込んでもいい。加えて、福島芝1200mは500万快勝の得意舞台。直前はモヤで動き不明だが、1週前に十分に負荷。仕上がり良好と見て良さそう。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

吾妻小富士賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑭シンボリバーグ
  • 対抗○:⑯レーヴムーン
  • 単穴▲:③エクラミレネール
  • 特注☆:⑧ダイワプロパー

波乱指数【60】

混戦必至のメンバー構成。上記の馬以外でも、ハルク・クラウンルシフェル・トシストロングあたりにも魅力。

馬券考察

馬券は馬連。馬番⑭を軸に、相手③⑧⑯へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  4/29(日)開催【天皇賞春】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  4/28(土)開催【青葉賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA