日経賞2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

日経賞2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1

状態絶好のこの馬が天皇賞春への有力候補へ名乗りをあげる!

日経賞は高松宮記念前日の中山競馬場で発走ということもあり、注目が薄らいでいる感もありますが、出走馬には菊花賞馬のキセキをはじめ、今年の古馬戦線をにぎわせそうな逸材が揃っており、今後のGⅠ戦線を占う意味でも重要な一戦と言えるでしょう。休養明けの馬も多い中で、仕上がり際立つ好追いきりを消化した馬はしっかりとチェックしておきましょう!

日経賞 2018 [追い切り診断]

日経賞 追い切り /ゼーヴィント

ゼーヴィント
美浦南W【52.8→38.1→12.6】一杯 併せ先着
調教評価 A 休み明けでもきっちり仕上がる

コース4ハロン追いで行われた最終追い切りでも鞍上の合図に反応してしっかりと伸びて先着という内容を見せており、1週前のWコースでの追い切りでも【79.4→65.2→50.6→36.7→12.5】と80秒を切る時計をマークしているならば、いきなりから絶好調とまではいかないにしろまずは力を出せる仕上がりにあるという判断はして良さそうです。レースを一度使って更によくなってきそうな感はありますが、その能力から昨年秋にはGⅠを狙える器とまで言われたゼーヴィントが休み明け初戦でどんなレースを見せてくれるのかは非常に楽しみになってきたと言えそうです。

日経賞 追い切り /トーセンバジル

トーセンバジル
栗東CW【84.6→68.3→52.8→38.7→12.7】馬なり 併せ先着
調教評価 A 初重賞制覇へ向けて態勢整う

最終追い切りはコース6Fを併せ馬で行われましたが、終いに軽く仕掛けられると前を行く馬をあっさり交わしてのフィニッシュと反応も上々。1週前にもデムーロ騎手が跨って【80.7→64.8→50.0→37.0→12.2】という好タイムをマークしていることを考えると、栗東に戻ってから追い切り5本ではありますが、育成で乗ってきたのでしょうしっかりと仕上がっていると見てよさそうなところ。海外遠征帰りでも順調な調整を進めてきているのは何よりで、賞金的にもGⅠ路線を歩むならばここは賞金を加算したい1戦となるだけに走れる態勢を陣営は整えたと判断して良さそうです。

日経賞 追い切り /ガンコ

ガンコ
栗東坂路【54.2→39.3→25.2→12.5】馬なり
調教評価 A 更に状態は良化気配を示し

最終追い切りこそ馬場も悪化していただけにこれ位の時計といった感じにはなっていますが、1週前には坂路で【52.0→37.7→24.4→12.1】と終いに鋭い脚を見せると、2週前にはコースで【79.8→63.9→50.2→37.9→12.5】と80秒を切る好タイムで駆けてきており、前走から更に調子を上げてきているような勢いを感じる動きを見せています。芝の長距離に路線を向けてから日経新春杯の3着を含めて崩れなく走ってきているだけに、この日経賞でどこまでやれるかは今後の試金石にもなる1戦となりそうですが、状態はまさに絶好で臨んでくるものと判断して良さそうです。

日経賞 追い切り /追い切りから見る他の注目馬

まずこの日経賞で注目を浴びそうなキセキですが、雨で荒れた馬場を嫌って最終追い切りをCWコースからポリトラックコースへ変更した影響がどうか心配されます。これまではこういったパターンの際は芝コースに切り替えて好結果を残してきていただけに、その前までは順調な調整をしていただけにB評価は必要なところでしょうが、気になるところではあります。常に稽古では自分の時計だけは駆けてくるソールインパクトは、引き続きしっかりと動けていることを考えると、この馬にもB評価は必要なところでしょう。後は中間の動きが活発なロードヴァンドールまでをB評価としたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの日経賞で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  5/6(日)開催【NHKマイルC】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA