高松宮記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

高松宮記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri

春の短距離王となるのは状態絶好のこの馬!

春のスプリント王決定戦高松宮記念へ向けてレッドファルクス他、有力各馬が最終追い切りを終えて態勢を整えてきています。ここから春のGⅠ戦線がはじまりますが、短距離馬にとってはこの舞台が唯一の活躍の舞台。ともなれば各馬絶好の仕上げで臨んでくるでしょうし、その状態を追い切りの動きからしっかりとチェックしておきましょう。

高松宮記念 2018 [追い切り診断]

高松宮記念 追い切り /レッドファルクス

レッドファルクス
美浦南W【66.4→50.8→37.9→13.1】一杯 併せ併入
調教評価 A 最終追い切りのパターンを戻し反撃

昨年のスプリンターズSを制した後はマイルCSで8着、前哨戦の阪急杯は3着と結果を残せずにいるレッドファルクスですが、その2戦は最終追い切りでダートコースで追い切っていたもの。今回は最終追い切りパターンをスプリンターズS時と同じWコースに戻してきた点には注目しておきたいところ。動き的にも終いは13秒台を要しましたが4F50秒台と速い時計をマークしており全体的には合格点を与えられる動き。中京コースで崩れ知らずの相性を誇る現役屈指のスプリンターがこの大一番へ向けて態勢万全といったところでしょう。

高松宮記念 追い切り /レッツゴードンキ

レッツゴードンキ
栗東坂路【53.2→38.3→25.3→12.8】G前追う
調教評価 A 坂路で相変わらず絶好の動き

常に坂路で好時計を連発するレッツゴードンキですが、フェブラリーS5着後も坂路でしっかりと乗り込まれてきており時計も1週前には【49.2→36.3→24.5→12.6】を岩田騎手騎乗でマークしており相変わらずの脚力を見せ付けているのならば状態面も引き続き良好と判断して良いところでしょう。香港スプリントからの帰国初戦となった前走と比較しても調整はしやすい筈であり、昨年のスプリントGⅠ連続2着からの雪辱を果たすのに十分な状態にあると判断できるところではあります。

高松宮記念 追い切り /ファインニードル

ファインニードル
栗東坂路【54.3→39.5→25.7→12.8】馬なり
調教評価 A 1週前のコースで絶好の動き

最終追い切りも馬なり調整ながらに軽快にラップを刻んで終いまでしっかりと伸びたいた点を評価できるところではありましたが、1週前にはCWコースで【78.3→63.2→49.7→37.4→12.0】という破格の時計をマークしてまさに絶好調という動きを見せていることから、状態面はまさに最高潮であると判断して良いでしょう。昨年のセントウルSを制して臨んだスプリンターズSでは12着と大敗してしまっているだけに、今回も前哨戦のシルクロードSを制して臨む大一番、なんとか結果が欲しいといったところではないでしょうか。

高松宮記念 追い切り /レーヌミノル

レーヌミノル
栗東CW【74.4→57.9→42.7→12.7】馬なり
調教評価 A 最終追い切りを軽めで変わるか

最終追い切りは終いだけ伸ばす程度の軽めの調整をしてきました。テンションがあがりすぎないようにする工夫とも言えそうですが、1週前にCWコース6F追いで【79.4→63.8→49.1→36.2→11.7】という絶好の時計をマークしていることからも身体自体はしっかりとできていると判断できるだけに直前軽め調整がいい方向に向かないかと陣営は期待するところでしょう。昨年桜花賞を制してからはなかなか結果の出ていないところではありますが、GⅠ馬の意地をこの大舞台で見せることができるか注目してみたいところではあります。

高松宮記念 追い切り /シャイニングレイ

シャイニングレイ
栗東坂路【57.8→41.2→26.8→13.3】一杯
調教評価 A 坂路自己ベスト更新で一発狙う

前走の阪神カップは引っかかって全く力を出し切れずに終わったシャイニングレイ。その後も放牧を経て調整を進めてきましたが、乗り込み量は2月の頭から淡々と乗り込まれてきており十分と言えるレベル。動き的にも最終追い切りこそセーブ気味に運んだだけにこんなものといった感ですが、1週前には【50.9→37.3→24.8→12.7】と自己ベストタイムを更新する絶好の動きを見せてきているあたり、折り合いさえすれば昨年のCBC賞で見せたような末脚を見せてくるのではないかと期待できる状態にあるのではないかとも推測され、マークしておくべき1頭として挙げておきたいところではあります。

tohyoken_01

高松宮記念 追い切り /追い切りから見る他の注目馬

この他ならば、前哨戦をパスしてこの高松宮記念に賭ける8歳馬ダンスディレクターが順調な乗り込みを消化し動きも上々なだけに、コース適性を考えても注目の存在となりそうでB評価は与えておきたい仕上がり。連覇を狙うセイウンコウセイも、休み明けを一叩きしての良化がうかがえる動きを見せているだけに、実績的にも注目でB評価は必要なところでしょう。後は前哨戦の阪急杯を制しているダイアナへイローも転厩初戦とはなりますが、調教パターンを変えずにいつも通りの動きをしてきているだけにB評価をつけておきたいと思います。

それでは今週はこの高松宮記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA