桜花賞(浦和) 2018 予想 / ストロングハートが馬場悪化も含め最有力 | 本気競馬

桜花賞(浦和) 2018 予想 / ストロングハートが馬場悪化も含め最有力

yosou_chihou

2018/3/21(水)開催 浦和11R 桜花賞
3歳牝馬オープン ダート 1600m(左) 定量戦

桜花賞 2018 [予想印]

昨年と同じく精鋭11頭が浦和競馬場に顔を揃えたが、今年は中心となる東京2歳優駿牝馬組が優秀な成績。前哨戦のユングフラウ賞でも上位陣が上々の滑り出しを見せたが、これにユングフラウ賞優勝馬のエターナルモールが加わり、転厩のプロミストリープも加味して層はかなり分厚いと見る。あとは3コーナー途中からの独特のこのコースと、当日の雨による馬場状態が問題になる。この点を加味して有利に競馬ができそうな馬とは?

桜花賞 予想 【本命◎ ストロングハート】

本命はストロングハート。北海道時代から安定した成績を残しているが、東京2歳優駿牝馬では2着という成績だった。今年初戦のユングフラウ賞では3着に敗れているが、マークされやすい位置取りで復帰戦では致し方なし。今回は叩いた後の上積みが見込める上、枠も内枠4番で先行はかなり有利。いきなりのカーブで行き脚がつかないここでは、馬場悪化も含めてみると最有力はこの馬と見る。

桜花賞 予想 【対抗○ エターナルモール】

対抗はエターナルモール。前走のユングフラウ賞で行ったきりの優勝を飾った。この浦和コースでは2戦2勝と相性もよく、吉原騎手の連続騎乗で連勝中と波に乗っている。深く展開を考えずとも行くしかないのがこの馬の性で、隣枠のグラヴィオーラを押し込めながらの枠も良い。今回はアンジュキッスとの逃げ争いが鍵になるが、番手でも折り合える操縦性の高いタイプ。3連勝も視野に入る。

桜花賞 予想 【単穴▲ グラヴィオーラ】

3番手はグラヴィオーラ。東京2歳優駿牝馬で女王に輝いた馬だが、復帰初戦は追い上げ届かず2着までの成績だった。それでもストロングハートには差をつけての入線なので、力関係からは互角以上とも取る事ができる。ただ今回はコーナーからのスタートで外枠にエターナルモールで、これを考えると相当に序盤のポジションは取りにくそう。実力は認めても3番手評価が精一杯。

桜花賞 予想 【連下△ プロミストリープ】

最後はプロミストリープ。中央で2連勝して大井に転厩した馬だが、この方法は近年のダート競馬界のトレンドだ。飛ぶ鳥を落とす勢いのシルクレーシングの所有馬であり、ノーザンファーム出身のダートのエリートがこの馬といえるが、父ヘニーヒューズはアジアエクスプレスを排出したが器用さにやや欠けるので最内枠が微妙なところ。この馬もこれまで大箱コースの経験しかしていないので、今回の一戦では強気の印はつけられない。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

桜花賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:④ストロングハート
  • 対抗○:⑧エターナルモール
  • 単穴▲:⑦グラヴィオーラ
  • 連下△:①プロミストリープ

馬券は馬複。馬番①④⑦⑧のBOX、計6点で勝負!

[桜花賞:2018/3/21(水)-浦和競馬 第11R-16時35分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  5/6(日)開催【NHKマイルC】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA