【日経賞2018予想/オッズ/出走予定馬】春の盾を目指して菊花賞馬始動 | 本気競馬

【日経賞2018予想/オッズ/出走予定馬】春の盾を目指して菊花賞馬始動

cyumou_01

天皇賞春を狙う各馬が凌ぎを削る中山2500m戦

大阪杯・ドバイへと有力各馬が遠征する中、春の目標を3200mの天皇賞春に絞る各馬による前哨戦。それこそ出走予定馬的には手薄な印象は否めない日経賞となりますが、その中でも注目はやはり菊花賞馬のキセキでしょうか。予想オッズも含めて、この馬を中心にここで重賞制覇を遂げてGⅠへの足がかりとしたい各馬の争いからは目が離せません。

日経賞 2018 [予想される出走予定馬]

日経賞 2018/キセキ

メンバー唯一のGⅠ馬の意地を見せる

キセキは泥んこ馬場で行われた菊花賞を制した後は香港へ遠征して香港ヴァーズに出走したものの末脚不発で9着。初めての海外遠征も影響したかもしれませんが、期待はずれといえば期待はずれの結果に終わりました。リフレッシュ放牧を経て迎える今年初戦の日経賞。ライバルは皆、次週の大阪杯やドバイ国際競争へ出走するだけにここはGⅠ馬の出走はこのキセキ1頭のみ。距離適性やローテーションを考慮しての参戦ということになるのでしょうが、実績的にもここは遠征明けの1戦だろうが結果を求められる1戦となることは間違いないところでしょう。ただ、末脚一辺倒のキセキが器用さを求められる中山2500mに適応できるかどうかはやってみないと解らない部分もあり、1番人気には推されそうですが信頼性はそこまでといった感じになるかもしれません。

日経賞 2018/ゼーヴィント

休み明けが鍵もコース適性抜群

ゼーヴィントは中山コースは【2.2.0.0】と抜群の安定感を誇る馬。中山コースへの適応力が問われるキセキに対して、この馬の方がコース適性から逆転可能とみたいところではあるのですが、今回は昨年夏の七夕賞以来の故障休養明けとなるだけでなく、距離も初の2400mオーバー。スタミナ面にも不安を抱える中での出走となるだけに、まずは仕上がり具合がどうか?追い切りの動きを含めてしっかりとチェックしておく必要がありそうです。ここを勝てば一躍天皇賞春の有力候補ということになるのは間違いのないところでしょうが、果たしてどうなるものか見守りたいところではあります。

日経賞 2018/サクラアンプルール

メンバー的にも好走を狙える1頭

サクラアンプルールはメンバーの揃った前走の中山記念でも4着と好走しているだけに注目の1頭。この距離がどうかという部分があるのは確かですが中山コースにも実績があり、休み明けの有力各馬と比較すれば休み明けを一度使われている強みがあるのも確か。有馬記念で殿負けを喫しておりスタミナ面の不安は拭えないところではありますが、有馬記念そのものが不利のあったレースでもあることから、前半ゆったりとしたペースで流れて末脚を温存することができればチャンスの目は十分にあると見ていいのではないでしょうか。メンバー的にもだいぶ楽になるメンバー構成だけに警戒が必要な1頭と言えるのではないでしょうか。

日経賞 2018/トーセンバジル

悲願の重賞タイトルへここはチャンス到来

トーセンバジルは実績的には重賞勝ちもない馬ではありますが、前走の香港ヴァーズでは世界の強豪相手に3着と好走しており決して力がない馬ではないというところを証明して見せました。国内重賞でも阪神大賞典3着や京都大賞典2着という実績はあるだけに決して侮ることのできない力を秘めている1頭と言えるのではないでしょうか。陣営も若いころからこの馬の素質を高く買っており、これまでもGⅠに何度も挑戦している経験を糧にしてこの日経賞で待望の重賞タイトルを手にすることができるかどうかには注目しておきたいところです。

日経賞 2018/予想オッズから見る他の人気馬

前述の通り、有力各馬は大阪杯やドバイ国際競争出走のためこの日経賞はメンバーが手薄に。それでも近走重賞でも好走の目立つ逃げ馬ロードヴァンドールはここでも逃げの手が嵌れば脅威の存在となりそうですし、日経新春杯3着と好走しているガンコも前走で準オープン戦を快勝した勢いでどこまでやれるのか注目してみたいところではあります。後は善戦マンのソールインパクトもエントリーしてきているようにそれなりにメンバーは揃った1戦とも言えるのかもしれません。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA