阪神大賞典2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

阪神大賞典2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri4

春の天皇賞の主役へ名乗りをあげるのは絶好調のこの馬!

阪神大賞典は3000mのGⅡ戦として、この季節の名物レースともなっています。過去にはナリタブライアンとマヤノトップガンの壮絶な一騎打ちもありましたが、果たして今年はどのようなドラマが生まれるのか。長距離を走りきれる仕上がりにあるかどうかは、追い切りの動きをしっかりとチェックしておき、しっかりと馬券を的中させたいですね。

阪神大賞典 2018 [追い切り診断]

阪神大賞典 追い切り /クリンチャー

クリンチャー
栗東坂路 52.7 38.5 25.0 12.4 一杯
調教評価 S 充実一途で状態も絶好

最終追い切りはいつも通りに坂路で行われて、序盤から軽快なフットワークで坂路を駆け上がって終いもしっかりと伸びきれているだけに状態の良さがうかがえるところでしたが、1週前には武豊騎手が騎乗してCWコースで【78.3→63.6→50.6→37.8→12.8】という絶好の時計をマークしこれがコース6Fからの自己ベストタイムということになれば前走の京都記念以上の仕上がりにあると言っても良さそうなところではあります。菊花賞2着という実績からも距離を心配する必要もなさそうですし、京都記念でレイデオロ・アルアインを負かした勢いで、今度は最強ステイヤーのアルバートを負かすことができるか注目してみたいところではあります。

阪神大賞典 追い切り /サトノクロニクル

サトノクロニクル
栗東CW 70.1 52.4 37.9 11.1 馬なり 併せ遅れ
調教評価 A 終いの伸びは抜群で好仕上がり

最終追い切りはラスト4Fから加速するとラストは11.1という驚愕の伸びを見せており中間もラスト1Fで11秒台を連発しているあたり、有馬記念以来の出走とはなりますが持ち前の決め手をしっかりと活かすことのできる仕上がりであると判断してよさそうなところ。昨年はGⅠ出走を狙ってタイトなローテーションで走ったりとなかなか調整も難しかったところもあったのでしょうが、今回は予定通りに阪神大賞典で戦列復帰ということならばいつになく順調な仕上がりを見せているとも言えるだけに、菊花賞は極悪馬場での大敗であっただけに距離適性は未だに未知数も今回コンビ復活となる川田騎手の導き方ひとつでチャンスは十分に生まれてくる可能性がありそうです。

阪神大賞典 追い切り /レインボーライン

レインボーライン
栗東坂路 60.0 41.9 26.0 12.3 馬なり
調教評価 A 休み明けから注目の動きを見せる

最終追い切りの時計をみると、全体では60.0とかなり遅い時計となってはいますが、ラスト1Fの伸びは優秀で休み明けからしっかりと反応を示せる状態にあると判断して良さそうなところ。ちょうど昨年の天皇賞秋のときと同じような調整パターンで同じような動きを見せているだけに、言ってしまえば天皇賞で3着に入ることのできる仕上がりであると言ってもいいのではないでしょうか。距離も一昨年の菊花賞2着ならば心配することもなさそうですし、狙ってみる価値は十分にある1頭であると言えるのではないでしょうか。

阪神大賞典 追い切り /追い切りから見る他の注目馬

この他ならば、10歳馬ということで人気薄になることが濃厚なカレンミロティックでしょうか。久々およそ4年ぶりに最終追い切りで坂路51秒台をマークしており、10歳馬らしからぬ元気一杯の動きを見せているだけに、過去に天皇賞・春で2着した実績とスタミナを誇る馬ならば注目しておきたいところもありB評価をつけておきたいと思います。もう1頭あげるならばヤマカツライデンでしょう。稽古の動きだけ見ればコース6Fで80秒を切る好タイムをマークしているものの、稽古駆けする馬で稽古の動きとレースの結果がなかなか結びつかないところもあるのでB評価までとします。人気になりそうなアルバートに関しては、この馬もいつになく稽古で動けており状態は悪くなさそうには映りますが、まだ余裕残しの馬体にも映るだけに今回はB評価止まりとすることとします。

keibajo_02

それでは今週はこの阪神大賞典で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フローラS→こじはる本命は①サラキア!

★ 1週前出走予定馬 ★  5/6(日)開催【NHKマイルC】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA