【阪神大賞典2018予想/オッズ/出走予定馬】春の盾へと続く仁川の3000m | 本気競馬

【阪神大賞典2018予想/オッズ/出走予定馬】春の盾へと続く仁川の3000m

cyumou_02

春の天皇賞の主役へと名乗りをあげるのはどの馬か?

昨年より2000mの大阪杯がGⅠに昇格したことにより、天皇賞春を目標とする馬が少なくなってきている感はありますが、それでも名誉ある盾を狙って長距離戦に実績のあるステイヤーが阪神競馬場に集い、本番へ向けて凌ぎを削ります。菊花賞2着のクリンチャーをはじめスタミナ自慢の各馬、まずは予想オッズも含めて出走予定馬をチェックしていきましょう。

阪神大賞典 2018 [予想される出走予定馬]

阪神大賞典 2018/クリンチャー

京都記念を制していよいよ本格化へ

クリンチャーは昨年の菊花賞2着時は馬場も味方して恵まれたからという見方もされましたが、今年に入って京都記念で同世代のトップホース、レイデオロとアルアインを負かして勝利を手にしたことで一気に評価が急上昇。この阪神大賞典でも1番人気に推されてきそうなところですが、確かにここ2戦の内容は力をつけてきているからこそできる走りといった感はあり3000mという距離も心配なさそうなところなだけに注目の1頭であることは間違いないでしょう。ただここ2戦は重馬場での競馬での好走となっているだけに、良馬場で瞬発力が求められるようなことになると実は分が悪いということもありそうなので注意しておく必要はありそうです。

阪神大賞典 2018/アルバート

現役屈指のステイヤーが阪神に登場

アルバートはステイヤーズステークス3連覇という偉業を昨年達成しているように根っからのステイヤーで恐らく現役屈指、No.1ともいえるスタミナを誇る馬。今年の大目標はもちろん天皇賞春ということになるのでしょうが、前哨戦のここからきっちりと結果を求めたいところではあるでしょう。阪神コースが7歳にして初出走というのは意外なところはありますが、とにかく安定の3000m以上の距離だけに初コースでも問題はなさそうですし、福永騎手とのコンビがどうかという部分もありそうですが注目すべき存在であることは間違いのないところでしょう。

阪神大賞典 2018/レインボーライン

昨年の経験を糧に今年は飛躍を

レインボーラインはクリンチャーが昨年の菊花賞2着馬ならばこちらは一昨年の菊花賞2着馬。昨年は古馬GⅠ路線の王道を歩みましたが勝ちきるまでにはいたりませんでした。それでも天皇賞秋で3着と能力の片鱗を見せたレースもあっただけに今年こそは勝ち星を虎視眈々と狙ってきていることでしょう。ここ5戦はすべてGⅠレースとなっているだけに成績も見劣りを感じるところですが、GⅡレベルのメンバーならばいま少しやれていいはずの馬でもあり、昨年トップレベルの戦いを繰り広げた経験がここで活きるかどうかにも注目してみたいところではあります。休み明けから好走してくるタイプでもあり、この休み明けはむしろ狙い目となるかもしれません。

阪神大賞典 2018/サトノクロニクル

距離克服で前進を

サトノクロニクルは菊花賞こそ10着に敗れましたが、続くチャレンジカップで初重賞制覇を成し遂げました。続く有馬記念も大敗しましたが、昨年はGⅠレース出走のために使い詰めであったり思うようにローテーションを組めないところも多かったのが事実。立て直してリフレッシュ休養効果があれば今回の阪神大賞典からは目標レースを設定して仕上げてくることも想定できるだけにどんな走りを見せるのか注目してみたいところではあります。距離がもつかどうかは今一度見直してみても良さそうな血統背景でもあるだけにマークが必要と言えるでしょう。

阪神大賞典 2018/予想オッズから見る他の人気馬

登録11頭の少頭数の1戦ではありますが、ほかにも古豪カレンミロティックとてGⅠでも結果を残してきている実績馬で長距離戦と得意としているだけに注目は必要でしょうし、逃げてなんぼの部分はありますが、少頭数の落ち着いた流れで単騎逃げならば怖い存在となりそうなヤマカツライデン。更には佐賀競馬から果敢に遠征してくるチャレンジカップで5着に好走したスーパーマックスという存在もありこれらの伏兵陣にも一応のマークは必要なのかもしれません。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA