スプリングステークス 2018 出走予定馬|ステルヴィオなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

スプリングステークス 2018 出走予定馬|ステルヴィオなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/3/18(日)開催「スプリングステークス(GⅡ)」に向けて、ステルヴィオ・ルーカスなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

スプリングステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • ステルヴィオ/牡3/木村厩舎・美浦
  • ルーカス/牡3/堀厩舎・美浦
  • レノヴァール/牡3/高野厩舎・栗東
  • ハッピーグリン/牡3/田中淳厩舎・門別
  • ライトカラカゼ/牡3/相沢厩舎・美浦

■2018/3/6現在

スプリングステークス 2018 [注目馬考察]

スプリングS 出走予定馬 /ステルヴィオ

サウジアラビアRC・朝日杯FSともに2着。【2.2.0.0】で重賞タイトルには手が届いていないが、負けた2戦はともに勝ち馬がダノンプレミアム。相手が悪かっただけで、この馬も世代トップの力を誇示。ロードカナロア産駒でもカリカリした面がなく、むしろ距離が延びてこそのタイプ。スタートが遅いだけに、小回りの中山コースが合うタイプではないが、ここは負けられない一戦。

スプリングS 出走予定馬 /ルーカス

全兄にGⅠ6勝のモーリス。さすがに比べることはできないが、こちらも東スポ杯2歳S2着など能力は高い。前走のホープフルSは6着。差し~追い込み馬の流れとなったことを思えば、物足りないと言わざるを得ないが、キャリアの差と処理できる。兄同様、本格化はまだまだ先といった印象だが、短期間でガラリと変わってくるのが良血馬の特徴。当然、ここも主力の1頭だろう。

スプリングS 出走予定馬 /ハッピーグリン

コスモス賞・すずらん賞3着と早い時期からJRA馬と互角の競馬を見せていたが、当時は洋芝適性の差も。しかし前走のセントポーリア賞では、上り33秒3(メンバー最速)と強烈な瞬発力を証明した。再度門別からの輸送など厳しい面は確かだが、先日の弥生賞ほど力差のない相手関係。13年のスプリングステークス→皐月賞1着のロゴタイプと同じローエングリン産駒と言う点も興味深いところ。

スプリングステークス 2018 [今後の動向]

近年は共同通信杯・毎日杯が皐月賞ステップとして確立されてきたが、こちらは弥生賞同様、本番と同じ中山コース。優先出走権が付与される上位3頭にはやはり注目したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA