金鯱賞 2018 出走予定馬|サトノダイヤモンドなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

金鯱賞 2018 出走予定馬|サトノダイヤモンドなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/3/11開催「金鯱賞(GⅡ)」に向けて、サトノダイヤモンド・スワーヴリチャードなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

金鯱賞 2018 [1週前出走予定馬]

  • サトノダイヤモンド/牡5/池江寿厩舎・栗東
  • スワーヴリチャード/牡4/庄野厩舎・栗東
  • ヤマカツエース/牡6/池添兼厩舎・栗東
  • ブレスジャーニー/牡4/佐々木晶厩舎・栗東
  • メートルダール/牡5/戸田厩舎・美浦
  • サトノノブレス/牡8/池江寿厩舎・栗東
  • デニムアンドルビー/牝8/角居厩舎・栗東
  • ルミナスウォリアー/牡7/和田厩舎・美浦

■2018/2/27現在

金鯱賞 2018 [注目馬考察]

金鯱賞 出走予定馬 /サトノダイヤモンド

昨秋の凱旋門賞後、休養に入っていたが4月の大阪杯を狙ってここから始動。3歳で有馬記念を制したことを思えば、阪神大賞典1勝のみで終えた昨年は物足りない成績。スラッと伸びた体から長距離向きとも思えたが、キタサンブラックに完膚なきまでに叩きのめされた天皇賞春、そして海外遠征の2戦を見る限り、ベストパフォーマンスは2000m前後なのだろう。久々ということと初めての中京コースなど死角になるものももあるが、そんなことを言ってはいけないレベルの馬。注目の一戦。

金鯱賞 出走予定馬 /スワーヴリチャード

昨年末の有馬記念は2番人気4着。キタサンブラック=武豊騎手の絶妙なペース判断に翻弄された組だが、直線に入ってからかなり内にモタれてしまったことも敗因か。手前はスムーズに変えられたようにも映ったが、やはりベストは左回りなのだろう。中京は東京ほど広いコースではないが、アルゼンチン共和国杯では狭い内を突き抜けての完勝。特に問題とはならず、ここは絶好の舞台設定。サトノダイヤモンド撃破なら、今年の主役を張れる。

金鯱賞 出走予定馬 /メートルダール

前走の中日新聞杯で待望の重賞タイトル。2着馬ミッキーロケットと2.5kg差、3着馬ロードヴァンドールとは1kg差あったとはいえ、あの勝ちっぷりなら同斤でも結果は同じだっただろう。1000m通過60秒7と着差がつかないペースを、上り33秒6の末脚で1馬身半差は完勝の着差。ここは再度同舞台、一気に相手は上がるが今の充実振りなら…とも取れる。

金鯱賞 2018 [今後の動向]

今年から大阪杯のステップレースという位置付けになったこともあり、サトノダイヤモンド・スワーヴリチャードなど錚々たる顔ぶれに。馬券の損得抜きで楽しみたい一戦。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA