中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬|マキシマムドパリなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

中山牝馬ステークス 2018 出走予定馬|マキシマムドパリなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/3/10開催「中山牝馬ステークス(GⅢ)」に向けて、マキシマムドパリ・トーセンビクトリーなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

中山牝馬ステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • エテルナミノル/牝5/本田厩舎・栗東
  • マキシマムドパリ/牝6/松元茂厩舎・栗東
  • トーセンビクトリー/牝6/角居厩舎・栗東
  • カワキタエンカ/牝4/浜田厩舎・栗東
  • レイホーロマンス/牝5/橋田厩舎・栗東
  • ワンブレスアウェイ/牝5/古賀厩舎・美浦
  • エンジェルフェイス/牝5/藤原英厩舎・栗東
  • フロンテアクイーン/牝5/国枝厩舎・美浦
  • シャルール/牝6/松永幹厩舎・栗東

■2018/2/27現在

中山牝馬ステークス 2018 [注目馬考察]

中山牝馬S 出走予定馬 /マキシマムドパリ

前走の愛知杯は、1コーナーの入りで外から被されて位置取りが一列後ろに。加えてハンデ頭の56kg。勝ち馬とは2kg差、2着馬とは5kg差あったことを思えば、負けて強しの3着と言ってもいい。ここは前走の上位勢との再戦となるが、今度はハンデ差も詰まるはず。そしてここがこの馬にとってはラストラン。渾身の仕上げを施してくることは間違いなく、勝って花道を飾りたい。

中山牝馬S 出走予定馬 /トーセンビクトリー

昨年の勝ち馬で、前2走は強豪牡馬相手に見せ場たっぷりの競馬。小回り一族らしく中山コースを得意としており、今年は連覇に挑む。その昨年は内枠を利しての快勝、昨夏のクイーンステークス2着も最内枠からの好走と、とにかく器用さを生かしたいタイプ。今回もまず枠順がカギを握りそうだ。内枠が当たれば。

中山牝馬S 出走予定馬 /エンジェルフェイス

前走の京都牝馬ステークスは、ワンスインナムーンの緩い逃げで【36.1→48.3→60.1】のスローペース。好位の外でまともに行きたがる素振りを見せたのがこの馬で、競馬になったのは落ち着きを取り戻した勝負所から。最後はジワジワと脚を伸ばしたが、如何せんリズムに乗れなかった印象が強く残った。それでも差が0秒2差だけ。3歳時にフラワーカップ快勝のこの舞台で完全復活といきたい。

中山牝馬ステークス 2018 [今後の動向]

ハンデ戦でとにかく「荒れる一戦」。ヴィクトリアマイルまでも間隔があり、ここ目標という陣営も多いはず。馬券的妙味はそのあたりか。

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 日本ダービー→本命⑧ブラストワンピース!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA