【弥生賞2018予想/オッズ/出走予定馬】少数精鋭の皐月賞トライアル | 本気競馬

【弥生賞2018予想/オッズ/出走予定馬】少数精鋭の皐月賞トライアル

cyumou_02

早くもクラシック候補の直接対決に注目

皐月賞へ向けてのトライアル、弥生賞が中山競馬場で発走となりますが、今年の登録馬のエントリーは11頭と少頭数の競馬となりそうですが、その中でもGⅠ馬ダノンプレミアムと3戦3勝の無敗馬ワグネリアンとの直接対決には注目が集まるところです。また、この2頭以外にも素質溢れる馬が続々とエントリーしているだけに、出走予定馬を予想オッズも含めてしっかりとチェックしておく必要がありそうですね。

弥生賞 2018 [予想される出走予定馬]

弥生賞 2018/ダノンプレミアム

2歳王者が貫禄の勝利を手にするか?

ダノンプレミアムは昨年の朝日杯FSを制して2歳チャンピオンに輝きましたが、今年初戦は皐月賞と同じ舞台となる中山2000mの弥生賞を選択してきました。初の2000mがどうかという不安も囁かれる中、デビュー戦で1800mをこなしているだけにそんな不安は杞憂に終わるでしょうし、先行抜け出しの強い競馬で3連勝を飾っているレース振りは安定感を感じるものでここも大崩れなく走ってきてくれることが期待できるところではあります。少頭数で紛れも少ない中でスローに流れることが想定されるだけに前に行ける強みも活きてくるでしょうし、ここは走って当然という舞台となるのではないでしょうか。

弥生賞 2018/ワグネリアン

無敗の素質馬がGⅠ馬に挑む

ワグネリアンは昨年の東京スポーツ杯2歳ステークスを制した後、2歳GⅠには見向きもせずに放牧へ。これが休養明けの1戦となりますが、賞金は既に加算されているだけにここはあくまでも前哨戦という位置づけとなる1戦となりそうです。それだけに仕上がり具合をしっかりとチェックしておく必要がありそうですが、まだまだ底を見せない大物感漂う馬でもあり、ここで結果を残すようであれば本番の皐月賞ではダノンプレミアムなどを差し置いての1番人気に推されることも濃厚となるだけに、その走りからは目を離せないといったところではないでしょうか。

弥生賞 2018/オブセッション

藤沢厩舎が送り出す今年のクラシック候補

オブセッション昨年はレイデオロがダービーを制している藤沢厩舎の所属馬。その藤沢厩舎の中でも今年一番クラシックを狙える馬と評されているのがこの馬。これまで2戦2勝と負けなしできているだけに注目も集まりますが、今回が初の重賞挑戦となるだけにペースに戸惑うかどうかの心配がないわけではありません。それでも直接対決が各馬との比較でも皆無な馬でもあるだけに果たしてどこまでやれるのかに注目が集まります。前走シクラメン賞の勝ち振りは非常に優秀であり、持ち前の鋭い末脚を繰り出すことができればそれこそ頭まであっておかしくない逸材であると評してよいでしょう。

弥生賞 2018/ジャンダルム

前走で距離は克服済みで更なる前進を

ジャンダルムは昨年のホープフルステークスで2着。前評判では血統的にスプリンターズSを制しているビリーヴの子ということもあり2000mは長いと囁かれる中で結果を残したのは何よりの収穫となったことでしょう。迎える今年の年明け初戦。一度中山2000mを経験していることは大きなプラスとなることでしょうし、距離も問題ないとなればこの弥生賞でもきっちりと結果を残してくるのではないかと期待できるところはあります。少頭数でスローに流れる展開が予想されますが、それもこの馬にとってはプラスとなるでしょうか。よーいドンの瞬発力に長けた馬であるだけに注目しておきたいところではあります。

弥生賞 2018/予想オッズから見る他の人気馬

他の馬に目をやると、ホープフルステークス4着のサンリヴァルは前走こそ休み明けで敗れましたが、その後は順調に調整を進められてきていますし、一度叩いた上積みも感じられるところではあります。中山2000mを2度経験しているのもプラスに働くでしょうし注目すべき1頭と言えそうです。もう1頭挙げるならばリビーリングでしょうか。デビュー2戦目となったセントポーリア賞は早め抜け出しで勝利を狙ったものの、最後に勝ち馬に差し切られる展開となっただけに、流れひとつでの巻き返しが期待できるところではあります。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA