飛燕賞 2018 予想 / 逃げるリンノゲレイロで勝負! | 本気競馬

飛燕賞 2018 予想 / 逃げるリンノゲレイロで勝負!

yosou_chihou

2018/2/18(日)開催 佐賀12R 飛燕賞
3歳オープン ダート 1800m(右) 定量戦

飛燕賞 2018 [予想印]

佐賀3歳3冠レースの緒戦、飛燕賞。全国で最も早い3冠レース発走となるが、ここ最近急激に力をつけたリンノゲレイロが主役を張りそう。当日は晴れて良馬場になるか、週中の天気の影響で重馬場になるか微妙だが、どちらのコンディションでも快勝しており頼もしい。好調のリンノゲレイロが先頭で、それを各馬が追いかける形になるが、ペースはそこまで上がらなそうで粘り込みの可能性も。

飛燕賞 予想 【本命◎ リンノゲレイロ】

本命はリンノゲレイロ。やはり他に行く馬が居ない展開ではこの馬が頼み。そもそもダート競馬では抜けた存在は逃げるものだが、前走・筑紫野賞でも逃げて後続を完封した。競優牧場の出身で父はローレルゲレイロ産駒。同じ牧場の光となって走るこの馬にチャンスはあるはず。競馬がドラマと言われるのには様々な意味があるが、この馬に託された想いは並々ならないもの。競馬の神様も見守ってくれよう。

飛燕賞 予想 【対抗○ ライトストーリー】

対抗はライトストーリー。佐賀競馬が誇る名手で一番手なのが山口騎手だが、その山口騎手を背中に乗せて戴冠を目指す。前走の背振山賞は見事ベルセルクを振り切ったが、この距離ではやはりこの馬の実績はキラリと光る。ドラマを背負ったリンノゲレイロに、対抗し得る実績馬。ヘビーストーリーVSライトストーリーの戦いの火蓋が切って落とされる。

飛燕賞 予想 【単穴▲ ベルセルク】

3番手にはベルセルク。筑紫野賞ではリンノゲレイロに、背振山賞ではライトストーリーに遅れをとったが、この両頭に先着経験を持つ。対戦成績的にはまだまだ逆転の可能性もある馬だ。鞍上には真島騎手でコンビ成績は【2.2.0.0】の優秀な実績も光る。母父サクラバクシンオーに父マンハッタンカフェという血統は、キタサンブラックのそれに似ている。狂戦士の一撃なるか。

飛燕賞 予想 【連下△ ローザーブルー】

最後はローザーブルー。今回の飛燕賞は3強形成の状態となったが、その外で取り立てて不気味なのがこのローザーブルー。牝馬で花吹雪賞を快勝してきた強豪だが、距離を伸ばしてパフォーマンスを落とさなかった走りは圧巻。グランド牧場が所有するサウスヴィグラス産駒でもあり、この背景を持つ馬の活躍は規定路線。栗毛の馬体でダークホースというには存在が目立ち過ぎるが、上記3頭を崩すとしたらこの馬が一番手。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

飛燕賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎: 3リンノゲレイロ
  • 対抗○: 8ライトストーリー
  • 単穴▲:10ベルセルク
  • 連下△:11ローザーブルー

馬券は馬複。馬番3.8.10.11のBOX、計6点で勝負!

[飛燕賞:2018/2/18(日)-佐賀競馬 第12R-17時35分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA