【2015京都大賞典(G2)】サインはオルフェーヴルメモリアル! | 本気競馬

【2015京都大賞典(G2)】オルフェーヴルメモリアルデーがサインだ!

sign_baken

京都大賞典当日はオルフェーヴルが顕彰馬に選出されたことを記念して
昼休みにウィナーズサークルで関係者に花束贈呈があるそうな。
更に10Rはオルフェーヴルメモリアルとレース名変更で開催。
これは列記とした京都大賞典のサインとなる。

ベタに考えればオルフェーヴルと同じ池江厩舎のラブリーデイ
ということになるんだろうがそんなつまらん理由で1番人気の馬をサインなどと言いたくない。

このオルフェーヴルサインはもっと深いところにあると掘り下げたい。
そこで浮上するのがカレンミロティックである。

オルフェーヴルと同い年、そしてあの伝説となったラストラン有馬記念を
共に戦った同士である。(カレンは6着)
これも何かの縁、同世代のカレンミロティックが京都大賞典で激走し勝利でもすれば
実況アナはこう言うだろう。

『 見てるかオルフェーヴル!俺はまだ現役だ!
勝ったのはオルフェーヴル世代のカレンミロティック! 』

こうだったらいいのになっていう感じのサインではあるが、
オルフェーヴル繋がりだったこういったドラマティックな繋がりがいいもんだ。

今年の天皇賞(春)で3着来てるし京都コースも実績あるし
ここはハナに行くって感じの顔ぶれではあるが、
開幕の絶好馬場を味方にラブリーデイの追撃を凌ぎきってゴール。
そんな場面を想像してみたくもなる。

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA