【フェブラリーステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】今年は大混戦だが… | 本気競馬

【フェブラリーステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】今年は大混戦だが…

cyumou_03

真冬の東京で砂の王者をめぐるアツいバトルが繰り広げられる

中央競馬では2018年初のGⅠレースとなるフェブラリーステークスが東京競馬場でいよいよ発走となります。絶対王者不在で毎レース勝ち馬が替わる大混戦のダート戦線。出走予定馬は川崎記念を制したケイティブレイブ、チャンピオンズカップを制したゴールドドリーム、そして充実振りが目立つテイエムジンソクなど、砂の強豪が東京競馬場に集います。各馬の現状のコンディションや予想オッズも含めてしっかりとチェックしておきましょう。

フェブラリーステークス 2018 [予想される出走予定馬]

フェブラリーS 2018/ゴールドドリーム

連覇へ向けて末脚一閃

ゴールドドリームは昨年のフェブラリーSだけでなくチャンピオンズカップも制してJRAダートGⅠレースを連勝し文句なしの最優秀ダート馬となりました。地方場では持ち味を発揮できないこともありますが、東京ダート1600mはこの馬にとっては願ったりかなったりのベストの舞台。勝負強さはメンバー随一とも言え、混戦になればなるほど末脚を伸ばしてくる印象の強い馬だけに、ここもしっかりと末脚を伸ばして上位をうかがってくる可能性は高いと見てよいでしょう。鞍上にもムーア騎手が予定されているのはなんとも心強いところではないでしょうか。

フェブラリーS 2018/テイエムジンソク

充実一途の上がり馬

テイエムジンソクは昨年夏の函館・札幌で活躍をはじめると、暮れのチャンピオンズカップでも2着と好走。年明けの東海ステークスも勝利して一気にダート界の有力候補に躍り出た上がり馬。先行しての粘り腰は安定感を増してきており、フェブラリーステークスでもその安定した走りを見せることができるかが鍵となるでしょう。初の東京ダート1600mで自分の競馬ができるかどうかに注目してみたいところではあります。

フェブラリーS 2018/ケイティブレイブ

今回は逃げか追い込みか

ケイティブレイブは昨年の帝王賞に続いて今年の川崎記念も制してGⅠを2勝。実績もトップホースの仲間入りと言って十分の力をつけてきていますが、昨年のフェブラリーステークスは6着敗退しているだけに、今年は巻き返しを期す舞台となります。帝王賞は追い込みで勝利、川崎記念は逃げて勝利と変幻自在の脚質で勝利を収めているだけに今回はどんな競馬を見せるかにも注目が集まりますが、テイエムジンソクをはじめとした強力な先行馬がいるだけに、うまく折り合いをつけてスムーズに運べれば昨年以上の活躍も期待できるのではないでしょうか。

フェブラリーS 2018/ノンコノユメ

再度勢いをつけた実績馬

ノンコノユメは2年前のフェブラリーSでも2着に好走しており、ジャパンダートダービーを制したGⅠ馬でもありましたが近走はとにかく不振にあえいでいましたが、前走の根岸ステークスで鋭い末脚を見せて復活の勝利を手にしました。東京コースがベストの馬でもありここも展開ひとつで爆発的な末脚を見せてくる可能性もあり警戒したいところではありますが、不振の中でも好成績を残してきたのが脚抜きのいい雨馬場であったことを考えれば、今年のフェブラリーSが重馬場で実施されるようであれば更に警戒を強める必要があると言えるでしょう。

フェブラリーS 2018/アウォーディー

武豊を背に復活なるか

アウォーディーは2016年のJBCクラシックを破竹の6連勝で制した後は、2.2.5.3.4.5.3着と勝ち切れない競馬が続いており評価も徐々に落としてきているのが現状。悪く言えば詰めの甘さが目立つようになってきたのは否めませんが、常にトップホースとの対戦で上位をうかがってきている安定感は評価してもいいところ。今回が初の1600mということになりますがどうその流れに対応するかも鍵となってきますが、武豊騎手を背に復活の劇走を期待してみる手も十分にあるのではないでしょうか。

フェブラリーS 2018/予想オッズから見る他の人気馬

他の馬に目をやると、東京大賞典では大敗を喫したものの武蔵野S勝ちもある東京コースで見直したいインカンテーションであったり、展開ひとつで常に警戒が必要な古豪サウンドトゥルーにも当然注目しておく必要はありそうです。更には地方からJBCレディスクラシックを制したララベルもエントリーしてきたり、JBCスプリントを制しているニシケンモノノフもいるだけにここはGⅠ馬9頭が集う超豪華メンバーでの1戦でともかく目の離せない1戦となることでしょう。

フェブラリーステークス 2018 [馬券のポイント]

1番人気はこれからのスポーツ紙面やネット上で情報でどの馬になるかが決まりそうなほどの混戦模様、中でもテイエムジンソクやゴールドドリームあたりが人気の中心となってきそうですが、人気が割れそうな1戦だけに軸馬をしっかりと見極めて馬券を組み立てれば思わぬ高配当にありつける可能性も十分。それだけにしっかりと買うべき馬を絞っていく必要がありそうですが、それならば大事なのはやはりいかに効率的に情報を入手できるかに尽きるでしょう。スポーツ紙面やネット上に溢れるありきたりな情報ではなく、他の人が知ることのできない情報を入手して馬券勝負するのが一番ですね。

フェブラリーステークス・本当に強いのはどの馬?

スポーツ紙面やネット上の情報に流されて人気通りに馬券を買うのではなく、情報に流されずに本当に強い馬をしっかりと見極め、いかに的確に買うべき馬を選出して馬券を組み立てるが今年のフェブラリーステークスのポイントとなりそうです。

2/12(月)
東京11R クイーンカップ 獲得 404,560円

2/11(日)
京都12R 4歳以上1000万下 獲得 651,400円

2/10(土)
京都12R 4歳以上1000万下 獲得 400,680円

勝負レースとして公開した予想をきっちりと的中して、先週もしっかりと儲けを出している覆面馬主の提供するオフレコ馬券情報は、今週のフェブラリーステークスにおいても当然要チェックな情報となりそうですね。この情報を知った上で馬券を買うのと、スポーツ紙やネット上のありきたりな情報だけで馬券を買うのとでは、的中率に大きな差が出るのは言うまでもないでしょう。

情報保護の観点からここではその予想や買い目を公開するはNGということなので、どう馬券を買えばいいのかは公式サイト(無料登録)を確認してみてくださいね。
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

果たしてその自信の本命馬はゴールドドリームなのか?テイエムジンソクなのか?一発を狙ってサウンドトゥルーあたりを指名してくるのか?それとも思いもよらないアッと驚く穴馬を本命に指名するのか?…実に気になるところですね。

フェブラリーステークス・自信の本命馬公開はコチラから

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  3/4(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フェブラリーS→こじはる3連単415.6倍的中!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA