門司ステークス 2018 予想 / 叩き3戦目テルペリオンで狙う! | 本気競馬

門司ステークス 2018 予想 / 叩き3戦目テルペリオンで狙う!

yosou_tokubetsu

2018/2/12(月)開催 小倉11R 門司ステークス
4歳以上1600万円以下 1700m (ダート) ハンデ戦

門司ステークス 2018 [予想印]

小回りコースのハンデ戦。加えて頭数も揃い、いかにも一筋縄ではいかないムード。コース形態上、まずは逃げ馬に注目だが、ここはアースコネクター・サンライズウィズ・ミキノグランプリ・カルムパシオンと複数。アスターゴールド・テルペリオンなど先行勢も強力で、予想外の乱ペースもありそうか。軽ハンデの差し~追い込みには注意したい。

門司S 予想 【本命◎ テルペリオン】

ここはかなり前が速くなりそうだが、それでもやはり差し~追い込み馬よりも前に行く組が有利。前2走は逃げて好走だが、元々は先行馬。前を見ながら運べる分、この馬にとってレースはしやすいはずで、父フリオーソなら叩き上げて伸びるタイプ。大型馬の叩き3戦目なら、さらに前進があって当然。

門司S 予想 【対抗○ ヴォカツィオーネ】

4走前から再びダート戦線に戻ると【3.1.0.0】。水を得たと言うべきか、一気に本格化の気配。小倉は初めてとなるが、前2走は同じ小回り1700mで連勝。適性がなくてはできない芸当で、初コースの不安は微塵も感じない。5ヶ月ぶりとなるが、ここまで熱心に乗り込んできたし、仕上がりは上々。52kgなら十分勝負になる。

門司S 予想 【単穴▲ スルターナ】

復帰後の前2走はともに7着だが、着順ほどの差はなかった。3走前は牝馬限定戦とはいえ、交流重賞で4着の実績。馬体減に苦しむ中でのものだけに内容は濃く、今はすっかり馬体も回復。前が流れるこの顔ぶれは何よりの魅力、こちらもハンデ52kgと軽く、最後モツれる展開で浮上の余地。

門司S 予想 【特注☆ クールオープニング】

1400mの前2走はともに追走に苦しむ形。さすがに距離が短く、本来はこれぐらいの距離が合う馬。5走前は今回と同じ舞台で0秒1差3着。勝ち馬が先週のアルデバランSを勝ったナムラアラシだったことを思えば価値があり、ここはガラリ一変の可能性秘める。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

門司ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎: 6テルペリオン
  • 対抗○: 5ヴォカツィオーネ
  • 単穴▲: 4スルターナ
  • 特注☆:16クールオープニング

波乱指数【60】

能力はもちろんのこと、コース適性も問われる一戦。加えてハンデ差がより難度を増しており、思わぬ波乱もありそうだ。

馬券考察

馬券は馬連。馬番6を軸に、相手4.5.16へ流す形。計3点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フェブラリーS→こじはる3連単415.6倍的中!

★ 1週前出走予定馬 ★  3/4(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA