京都記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

京都記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri

少頭数も豪華メンバーの京都記念を制するのは絶好調のこの馬

10頭という少頭数でのレースとなる今年の京都記念ですが、メンバーを見渡せばレイデオロをはじめとしたGⅠ馬4頭の競演となり、2月早々の豪華メンバーの1戦となるだけに注目を集めます。ただ、ここはあくまでも前哨戦の1戦となるだけに、各馬の仕上がり具合をしっかりと見極めた上で狙うべき馬を選んでいく必要があるでしょう。追い切りの動きは要チェックです。

京都記念 2018 [追い切り診断]

京都記念 2018 /アルアイン

アルアイン
栗東CW 67.7 51.3 37.9 11.7 馬なり 併せ先着
調教評価 S 好タイム連発で初戦から絶好

最終追い切りの時計も終いに軽く仕掛けられただけで軽々11秒台をマークする抜群の反応を示して好追い切りと言える内容ではありましたが、更に目を引くのが1週前のCWコースでの79.9 65.2 51.3 37.4 11.4 という破格の時計。当然、自己ベストタイムを更新となっており、消化不良なレースの続いた昨年秋から完全にリフレッシュして好状態にあることは間違いないといったところ。皐月賞馬が今年初戦を迎えますが、初戦としては文句なしの仕上がりにあると言っていいでしょう。初コンビとなる川田騎手との相性も稽古で2週跨った印象からすれば良好であるだけに更なるパワーアップした走りを期待してみたいところではあります。

京都記念 2018 /クリンチャー

クリンチャー
栗東坂路 52.7 38.2 24.5 12.2 一杯
調教評価 A 坂路自己ベストで好調アピール

豪華メンバーと比較すれば実績的には重賞未勝利を見劣りするクリンチャーではありますが、菊花賞2着の実績はあり京都コースも(1.1.0.0)と好相性。そんなクリンチャーが最終追い切りの坂路コースで自己ベストの時計を2秒以上更新する絶好の動きを見せているあたりに、菊花賞からの休養で更に成長が促されてパワーアップした感すら感じられるところではあります。3000mの距離とはいえ、アルアインに前走は先着しているわけであり、実績的に人気がそこそこということであれば配当妙味を狙ってこの馬に狙いを定めてみる手も十分にアリと言える仕上がりにあるのではないでしょうか。

京都記念 2018 /ミッキーロケット

ミッキーロケット
栗東坂路 51.0 37.1 24.8 12.9 一杯 併せ先着
調教評価 A ようやくいい頃の動きに戻る

近走は大崩れはないものの勝ち切れない競馬が続いているミッキーロケット。前走の日経新春杯も4着止まりではありましたが、その前走時の追い切りに復調を感じさせる動きが見られたところから、今回は2週にわたって坂路で51秒台をマークしようやくこの馬らしい活気のある動きが坂路で見られるようになってきました。人気のGⅠ馬が明け4歳馬ということならば古馬勢との決着はまだまだついていないとも言える中、昨年古馬GⅠ戦線で善戦してきた実績は軽視禁物であり、復調したということならばこの馬に期待してみる手も十分にアリと言えるでしょう。

京都記念 2018 /追い切りから見る他の注目馬

10頭立てという少頭数なだけにあれもこれもとピックアップするわけにもいきませんが、何よりの注目を集めるレイデオロは1週前には3歳のゴーフォザサミットとの併せ馬で遅れをとり、今週の最終追い切りこそ動きは悪くなかったものの藤沢流の軽め調整とあって初戦からはどうかというところ。あくまでも目標は先で8割程度の仕上がり、鞍上のバルジュー騎手というのも気になるところでB評価止まりと今回はすることとします。同様にGⅠ馬のディアドラモズカッチャンも初戦からいきなり勝負というような動きは見せておらず、態勢は整っているもののまだ良くなる余地があるという点でB評価ということにしたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの京都記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中山記念→こじはる本命は④ペルシアンナイト!

★ 1週前出走予定馬 ★  3/4(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA