共同通信杯2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

共同通信杯2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1

共同通信杯は絶好調のクラシック候補を狙い撃ち!

今年の皐月賞・ダービー直結とも言われる注目の重賞、共同通信杯の発走が近づいてきましたが、このレースを前に出走各馬はしっかりと態勢を整えつつあります。最も注目を浴びる2戦2勝のグレイルをはじめ、今年のクラシックをにぎわす有力候補へ名乗りをあげるのは果たしてどの馬となるのでしょうか。最終追い切りの動きをチェックしていきたいと思います。

共同通信杯 2018 [追い切り診断]

共同通信杯 2018/グレイル

グレイル
栗東CW 65.6 50.7 37.6 11.8 馬なり 併せ先着
調教評価 S 調教の動きは文句なし

休み明けの1戦とはなりますが、デビュー2戦から変わらぬ坂路とコース併用の調整でしっかりと乗り込まれており、最終追い切りの動きもスタートからスピード感十分に好タイムをマーク。更には1週前には80.2 65.4 50.5 37.0 12.0という絶好のタイムをマークしてこれだけ動けるならば状態が悪いとは思えないといったところ。2戦2勝で重賞ウィなーということもあり注目を集めそうなところではありますが、評判通りの強さを見せ付けてくれるのではないかと期待してみたいところではあります。ここを勝ってクラシックへ向けての最有力候補に躍り出る可能性も十分と言えるでしょう。

共同通信杯 2018/ゴーフォザサミット

ゴーフォザサミット
美浦南W 52.1 38.4 13.3 併せ併入
調教評価 A 1週前にはレイデオロに先着

直前の追い切りはコース4F追いで軽めの藤沢流調整となりましたが、1週前にはコース5Fで67.4 52.4 38.4 13.1の好タイムをマーク。併走した京都記念に出走予定のレイデオロに先着してみせているのですからこの馬の力のあることを再認識するとともに状態の良さを感じさせる動きとなりました。休み明けの1戦とはなりますが、藤沢厩舎が昨年のレイデオロに続いてのクラシック制覇を狙う素質馬だけに陣営も力のこもった調整を施しており態勢は万全と言えるのではないでしょうか。後は田辺騎手がどう乗るかといったところに尽きるといったところでしょう。

共同通信杯 2018/アメリカンワールド

アメリカンワールド
栗東CW 84.3 66.7 51.6 37.4 12.0 馬なり 併せ先着
調教評価 A 使う毎に動きが良化しつつあり

まだ未勝利戦を勝ち上がったばかりで前評価もそれほど高くはないアメリカンワールドですが、稽古の動きはレースを使う毎に良化一途。最終追い切りでも浜中騎手を背にラストは12.0と鋭い伸びを見せており、1週前には坂路で52.8と自己ベストタイムを大きく更新してきており、前走を勝って更に状態をあげてきていることは歴然。相手関係はやってみないとわからない部分はありますが、この状態でどこまでやれるかは非常に楽しみと言える1戦になるのではないでしょうか。

共同通信杯 2018 /追い切りから見る他の注目馬

12頭立てという少頭数なだけにあれもこれもとピックアップするわけにもいきませんが、他でマークしておきたい馬となると。シンザン記念からの参戦も好調キープの活発な動きを見せているカフジバンガードや、ホープフルステークス3着のステイフーリッシュも休みなく乗り込まれて太め感はなく好仕上がり、後は新馬戦を勝ち上がったばかりのサトノソルタスも素質馬らしい力強い動きを見せているだけにこの3頭にはB評価をつけておきたいところではあります。

keibajo_02

それでは今週はこの共同通信杯で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA