ウィンター争覇 2018 予想 / 得意舞台のハタノリヴィールを中心視 | 本気競馬

ウィンター争覇 2018 予想 / 得意舞台のハタノリヴィールを中心視

yosou_chihou

2018/2/8(木)開催 笠松9R ウィンター争覇
4歳以上オープン ダート 1800m(右) 別定戦

ウィンター争覇 2018 [予想印]

凍えるような寒さが続く笠松競馬場。歴戦の古馬による重賞・ウインター争覇もこの中で行われるが、天候は晴れ予報で馬場も良馬場~やや重くらいで、競馬としては紛れが少ない結果が期待できる。ここで注目は5歳馬のハタノリヴィールだが、やはりコーナー6回の1800mでは中心視が必要だろう。人気のこの馬が積極策に出るために、ペースはやや速まりそう。

ウィンター争覇 予想 【本命◎ ハタノリヴィール】

本命はハタノリヴィール。鞍上は笠松の名手・佐藤騎手だが、笠松入り後は【1.0.1.1】と安定した成績を残している。特に今回の笠松1800mは、東海クラウンで古豪メモリージルバを2馬身差でねじ伏せた得意舞台で、この馬の優位はそう簡単には揺るぎそうに無い。となると、後は展開だが外枠のヘイローフォンテンくらいしか競り合う相手も居なさそうで、地力から単騎先頭が不利になるとも考えにくいところ。ここはチャンス十分。

ウィンター争覇 予想 【対抗○ キクノセントロ】

対抗はキクノセントロ。ここ3戦、あまり良い走りができていないが、4走前にこのコースで優勝を果たしている。時計は特筆すべき点はないが勝ち方が着実で、人気を背負って先行策から押し切った内容は強かった。今回は大外枠の9番枠からスタートになるが、無理に前に行かなくとも流れに乗れればしぶといタイプ。戸部騎手とも【9.4.6.4】の安定感が頼りになり、ここも上位入線以上が期待できる存在。

ウィンター争覇 予想 【単穴▲ ヤマニンデリシュー】

3番手はヤマニンデリシュー。舞台適性という点では上位2頭がリードしているが、この2頭に付けこむとしたらここに至るまでの勢い。ローテーションを見る限りでは、3戦以内に2勝したのはこの馬だけという活きの良さで、8歳を迎えた今も健在をアピールしている。前走もマイル戦ではきっちり勝利を飾っており、前に注意が向いているのもこの馬にとっては追い風。得意のまくり炸裂なるか。

ウィンター争覇 予想 【連下△ カラジャス】

最後はカラジャス。距離を伸ばして台頭してきたこの馬を最後に指名する。競走馬の旬というのはその馬によって違うが、この馬は7歳を迎えて今最も充実している。それというのも徐々にAクラスでも勝負になってきたばかりか、前走でもこの1800mで優勝した事実がある。父ジャングルポケットの産駒はダート馬になると長命であり、出自がノーザンファームというのも骨格的に有利。内枠から先行して粘りこみを図りたい。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

ウィンター争覇 2018 [馬券考察]

  • 本命◎: 4ハタノリヴィール
  • 対抗○: 9キクノセントロ
  • 単穴▲: 1ヤマニンデリシュー
  • 連下△: 3カラジャス

馬券は馬複。馬番1.3.4.9のBOX、計6点で勝負!

[ウィンター争覇:2018/2/8(木)-笠松競馬 第9R-16時05分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA