背振山賞 2018 予想 / ここは実績重視ベルセルク本命に! | 本気競馬

背振山賞 2018 予想 / ここは実績重視ベルセルク本命に!

yosou_chihou

2018/2/4(日)開催 佐賀12R 背振山賞
3歳オープン ダート 1750m(右) 定量戦

背振山賞 2018 [予想印]

重馬場となりそうな今年の背振山賞だが、メンバー構成としては花吹雪賞と筑紫野賞経由組みの戦いの様相。展開的にはディストワルビーがハナを切って行きそうだが、何分この馬の実績的に、距離延長が気なるところで飛ばして行きそうには無い。かなりのスローが予想されるが前哨戦で敗戦を喫して上積みにも疑問が残るメンバー構成だけに、大胆にハナを切る馬も出てくるかもしれない。展開予想が難しいのでその他の要素を重視する。

背振山賞 予想 【本命◎ ベルセルク】

本命はベルセルク。本来、競馬予想は馬場状態と展開が鍵を握るが、こう展開が読みづらいと実績重視もやむなしといったところ。今回のメンバーでは実績で頭一つリードする、この馬を本命に抜擢。前走の筑紫野賞では勝ち馬には離されたものの、きちんと2着は確保しておりこの距離も得意。何よりここ4戦では常に連対を確保しており、鞍上の真島騎手とは【2.1.0.0】の安定感。枠も好枠の4番で、最も軸に最適。

背振山賞 予想 【対抗○ ライトストーリー】

対抗はライトストーリー。前走・初夢特選で2着に食い込んだ実績があるが、今回はその時と同じ1750mが舞台だ。まくりタイプで4角で順位を一気に押し上げてくるタイプだが、それだけに込み入る内より外よりの枠が取れたのは吉。佐賀移籍後は【2.1.0.1】とまだ底を見せておらず、主要路線組の低調さを考えれば浮上もありそう。鞍上には前走で手綱を取った岡村騎手が騎乗する。この点も見逃せない。

背振山賞 予想 【単穴▲ シアワセクル】

3番手はシアワセクル。前走・花吹雪賞経由組みでは最先着で5着。その前走ではスタートから後手に回って実力が発揮できなかった。こういう脆さを抱えているものの、それまでの成績的には上位安定の競馬も続き、筑紫野賞で大勝ちしたリンノゲレイロとも3走前に対戦して3着と気を吐いている。このレベルの一戦であれば上位評価は妥当なところで、あとは前走の敗戦を活かして前目で立ち回れれば。

背振山賞 予想 【連下△ ニッポンタイショウ】

最後はニッポンタイショウ。ムラ駆けタイプで好走と凡走を繰り返しているが、2走前のリゲル特別ではベルセルクを2着に破って見事優勝を果たしている。その際も今回と同じ1750m戦であったが、距離不安が無い事からも最後の一頭には加えておきたい。差して競馬をするタイプだが、さすがに前走は後ろすぎた。今回は積極的な仕掛けも視野に入れておきたい。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

背振山賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎: 4ベルセルク
  • 対抗○: 7ライトストーリー
  • 単穴▲:10シアワセクル
  • 連下△: 2ニッポンタイショウ

馬券は馬複。馬番2.4.7.10のBOX、計6点で勝負!

[背振山賞:2018/2/4(日)-佐賀競馬 第12R-17時15分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA