東京新聞杯 2018 出走予定馬 予想 |アドマイヤリードなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

東京新聞杯 2018 出走予定馬 予想 |アドマイヤリードなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/2/4開催「東京新聞杯(GⅢ)」に向けて、アドマイヤリード・ダノンプラチナなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

東京新聞杯 2018 [1週前出走予定馬]

  • アドマイヤリード/牝5/須貝尚厩舎・栗東
  • ダノンプラチナ/牡6/国枝厩舎・美浦
  • クルーガー/牡6/高野厩舎・栗東
  • ハクサンルドルフ/牡5/西園厩舎・栗東
  • ガリバルディ/牡7/藤原英厩舎・栗東
  • ストーミーシー/牡5/斎藤誠厩舎・美浦
  • グレーターロンドン/牡6/大竹厩舎・美浦
  • ダイワキャグニー/牡4/菊沢厩舎・美浦
  • サトノアーサー/牡4/池江寿厩舎・栗東
  • サトノアレス/牡4/藤沢和厩舎・美浦
  • デンコウアンジュ/牝5/荒川厩舎・栗東
  • カデナ/牡4/中竹厩舎・栗東
  • ヤングマンパワー/牡6/手塚厩舎・美浦
  • トウショウピスト/牡6/角田厩舎・栗東
  • ロジチャリス/牡6/国枝厩舎・美浦

■2018/1/24現在

東京新聞杯 2018 [注目馬考察]

東京新聞杯 出走予定馬 /アドマイヤリード

昨年のヴィクトリアマイルを完勝したものの、次走のクイーンステークスでは小回りコースに対応できずに6着と敗退。復権を賭けて臨んだ前走の府中牝馬ステークスでも、メンバー最速となる上がり32秒9をマークするも0秒2差の3着。そして大目標のマイルチャンピオンシップを目の外傷により回避と、春以降は如何せん流れが悪かった。ここはしっかりと立て直してベスト舞台。ヴィクトリアマイル連覇ヘ向けて、まずは好スタートを切りたい。

東京新聞杯 出走予定馬 /ダノンプラチナ

前走はもっと楽に勝たなくてはいけないところだが、弾みをつけることには成功。「まだ6分のデキ」との談話もあったが、それを素直に受け取れば、ここから状態面の下降はないと見ていい。東京芝1600mは富士ステークス快勝を含む3勝マークの得意舞台。ここで連勝となれば、マイル戦線の主役まで。

東京新聞杯 出走予定馬 /ダイワキャグニー

テンションが高く、本来の競馬とは異なる形となった前走の中山金杯。ラストはそれなりに伸びてきたとはいえ、あの内容から「左回りのマイル前後」ベストを再認識。ここは2走前のキャピタルステークスと同じ舞台。適条件に戻れば、すぐに巻き返せる。

東京新聞杯 2018 [今後の動向]

一流馬の参戦が多くない一戦だが、今年はGⅠ馬が複数出走。春の安田記念と同じ舞台だけに、より注目度も高まる。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA