【根岸ステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】フェブラリーSの主役に躍り出るのはどの馬か? | 本気競馬

【根岸ステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】フェブラリーSの主役に躍り出るのはどの馬か?

cyumou_03

砂の王者へ向けて強豪集う東京ダート1400m

根岸ステークスは来るGⅠ・フェブラリーステークスの前哨戦としても注目の1戦。今年も出走予定馬を見ていくと、有力候補と目される各馬がエントリーしてきており、まずはこのレースを制してフェブラリーステークスの主役へと名乗りを挙げるのはどの馬か?予想オッズも含めて注目が集まります。根岸ステークス連覇を狙うカフジテイクや明け4歳のサンライズノヴァなど人気上位馬だけでなく、各馬をしっかりとチェックしておく必要がありそうですね。

根岸ステークス 2018 [予想される出走予定馬]

根岸S 2018/カフジテイク

末脚の爆発力はメンバー随一

カフジテイクは昨年の根岸ステークスを制すると続くフェブラリーステークスも3着に好走した実績馬。その後はドバイ遠征してゴドルフィンマイルで5着と結果を残しました。ただその後の秋は海外遠征後の調整の難しさなのか末脚にいつもの鋭さがなく勝ちきれない競馬が続いています。休養を経て迎える根岸ステークスは連覇のかかる1戦とはなりますが、展開さえ向いてくればまだまだ前を行く馬をまとめて差し切る末脚を秘めた馬でもあり、見限るのは早計と言えるところでしょう。

根岸S 2018/サンライズノヴァ

明け4歳でまだまだ成長に期待

サンライズノヴァは昨年3歳限定のユニコーンステークスを制し、秋は初戦のグリーンチャンネルカップで古馬相手に勝利を収めた馬。秋は1番人気に支持された武蔵野ステークスで大敗を喫しているようにまだまだ頼りない部分があるのも確かですが、これからの成長が楽しみな明け4歳馬。東京ダート1400mで強い競馬を見せているようにこの条件がベストの馬であるという見方もできるだけに、ここで更なる成長を見せて好走できるかは注目しておきたいところではあります。戸崎騎手も騎乗3度目でこの馬の癖を掴んでくるころでしょうし、あっさり勝ってもおかしくない魅力を秘めた1頭であると言えるでしょう。

根岸S 2018/キングズガード

ダート1400mはこの馬にとってベスト

キングズガードは昨年、プロキオンステークスでカフジテイクを差して初重賞勝利を挙げた馬。その後のフェブラリーステークスは大敗を喫しましたが、秋はマイルCS南部杯・みやこステークス3着と実績のない距離でも結果を残してきた点は評価のできるところ。今回の根岸ステークスは実績のあるダート1400mの舞台となるだけにひょっとすると陣営はフェブラリーステークスよりもこのレースを狙ってきている可能性すら考えられます。カフジテイクとは互角の末脚を誇る馬だけに道中しっかりとロスなく脚を溜められればこの馬にチャンスが生まれてくる可能性も十分。後は藤岡佑騎手の手腕にかかっているという状況でしょう。

根岸S 2018/ベストウォーリア

古豪復活へここが正念場

ベストウォーリアはこれまで圧倒的な安定感で常に好走するレース振りを見せていましたが昨年秋にはマイルCS南部杯6着、武蔵野ステークス7着と連続して粘り不足の競馬を見せ、年齢的な限界説も囁かれる中で今回の根岸ステークス出走を迎えます。ここも凡走を続けるようであればいよいよ年齢的にも8歳を迎えるにあたり引退も現実味を帯びてくるといったところでありここが正念場の1戦となるのではないでしょうか。昨年2着と好走して、実績があり相性のいい東京コースでの競馬。ここは今一度見直してみてもいいのではないでしょうか。

根岸S 2018/予想オッズから見る他の人気馬

他の馬に目をやると、東京コース巧者のアキトクレッセントは前走のオープン特別を制した勢いで重賞メンバー相手でも東京コースならば勝負になってもおかしくない存在。他にもJBCスプリントを制したニシケンモノノフであったり、なかなか目覚めないGⅠ馬ノンコノユメ。更に南関東に移籍してからも好走を続けているブルドッグボスがエントリーしてきているだけに力上位の馬が拮抗している状況であるといえそうです。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  6/2(土)開催【鳴尾記念】注目馬チェック

★ 1週前出走予定馬 ★  6/3(日)開催【安田記念】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA