東海ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表! | 本気競馬

東海ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト5を発表!

oikiri3

フェブラリーステークスへ名乗りをあげる絶好調馬はこの馬!

東海ステークスの発走が近づいてきましたが、各馬最終追い切りを終え臨戦態勢を整えてきています。テイエムジンソクをはじめとした実績馬は賞金を持っていてフェブラリーS出走は問題ないところだけに仕上げも本番へ向けて余裕残しの可能性があります。その一方で出走ボーダーラインのギリギリにいる馬はここで賞金を加算すべく、メイチ勝負を仕掛けてくる可能性は大いにあるだけに、追い切りの動きから好調馬をしっかりとピックアップしておきましょう。

東海ステークス 2018 [追い切り診断]

東海S 2018/テイエムジンソク

テイエムジンソク
栗東CW 83.3 66.4 51.3 38.2 12.6 馬なり
調教評価 A 万全の仕上がりで勝ちにいく

チャンピオンズカップ2着から一旦短期放牧に出ましたが馬体を大きく緩めることなくきているのか、最終追い切りでもスピード感十分の迫力ある動きを見せており、1週前にはCWコース6Fで78.8と自己ベストタイムを更新してきているあたり、目標は次のフェブラリーステークスということで余裕残しの仕上げということではなく目の前の東海ステークスをきっちりと勝ちに行くことを目標とした仕上げであると言っていいのではないでしょうか。ここも前走同様に自分の競馬さえできれば結果は自ずとついてくるといった感じにでしょうか、好仕上がりは間違いのないところでしょう。

東海S 2018/ディアデルレイ

ディアデルレイ
美浦南W 67.9 52.7 38.6 12.9 一杯 併せ先着
調教評価 A 連勝の勢い維持で好気配

現在オープン特別を2連勝しており勢いのあるディアデルレイですが、引き続き好調維持をアピールするに十分な動きを見せており、休み明け叩き3戦目できっちりと動ける状態に仕上がっていると判断して良さそうです。前走はハナにいっての快勝劇でしたが、特にハナにこだわる馬でもなく、隣にテイエムジンソクがいるならば格好の目標とできるはずでありレースはしやすいはず。ここを勝って一気にダート路線の有力候補に名乗りをあげられるかどうかに注目してみたいところです。

東海S 2018/ドラゴンバローズ

ドラゴンバローズ
栗東坂路 53.3 39.1 25.6 13.1 一杯
調教評価 A 坂路で活発な動き見せ注目

最終追い切りの動きは時計だけ見ればいたって平凡といったところではありますが、元々稽古であまり速い時計を出す馬ではなく、この53秒台という時計はドラゴンバローズにとっては動けている部類。実際キャリア31戦のうち、坂路で53秒台をマークしたのがこれまでに2度と数は少ないものの成績は【2.0.0.0】と負けなしであることからも今回マークした53秒台は好走のサインとも言えるかもしれません。中京コースも【2.3.0.1】と絶好の相性を示しているコースであることも鑑みれば、今回注目してみたい存在となると言えるのではないでしょうか。

東海S 2018/ゴールデンバローズ

ゴールデンバローズ
美浦南W 68.6 53.0 39.2 13.5 馬なり
調教評価 A 追い切りの動きはいつになく良好

直前の追い切りでは軽めに流す程度の内容ではありましたが、相変わらず馬体は迫力があり力のある馬であることを感じさせるところはあります。1週前にはコース5F66.4という自己ベストタイムをマークしてきており、稽古駆けしない馬ではありますがこの馬なりに速い時計をマークしていることは馬に気力があり好調の証であると判断できるのではないでしょうか。気性的にアテにできない部分もあり、乗り難しい馬でもあることから松山騎手がどう乗るのか心配な部分があるのも確かですが、3歳時にはドバイ遠征したこともある実力馬だけにここで好走しても何ら驚かない要素があるのも確かでしょう。

東海S 2018/オールマンリバー

オールマンリバー
栗東坂路 53.4 38.7 24.9 12.0 G前追う
調教評価 A 絶好の動きを見せる中京巧者

11月の錦秋ステークスを勝って以来のレースとなりますが、最終追い切りは坂路で追われると終いに12.0と抜群の反応を示してフィニッシュ。1週前にはCWコースで自己ベストタイムを更新する6F79.4をマークしており、休み明けでもきっちりと動ける状態にあるというよりもむしろ、リフレッシュ効果で更に状態が良くなっていると判断して良さそうです。今回は重賞メンバーとの対戦となり相手も一気に強化されるだけにどこまでやれるかといったところはありますが、中京コースは2戦2勝と相性もよく、この仕上がりでどこまでやれるかは注目してみたいところであります。

tohyoken_01

東海ステークス 2018 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、相手関係がどうかという部分がありますが追い切りの動きだけなら坂路で自己ベストタイムを更新してきているクインズサターンや相変わらず坂路で軽快な動きを見せている昨年の東海ステークス2着馬モルトベーネ、更には明け4歳のローズプリンスダムは復調気配のうかがえる動きを見せているだけにB評価はつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの東海ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  3/4(日)開催【弥生賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 中山記念→こじはる本命は④ペルシアンナイト!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA