【東海ステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】テイエムジンソク1強ムード | 本気競馬

【東海ステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】テイエムジンソク1強ムード

cyumou_03

フェブラリーステークスの有力候補へ名乗りをあげるのはどの馬か?

東海ステークスはこの時期に開催時期が移行してから6年目。過去にはグレープブランデーとコパノリッキーがここを勝ってフェブラリーステークスを制しているように、GⅠ直結となる前哨戦。今年の注目は、なんといってもチャンピオンズカップで僅差2着のテイエムジンソクということになりそうですが、予想オッズも断トツの1番人気に推されそうで、他の出走予定馬の中に、この1強ムードを打破して勝利を手にする馬はいるのでしょうか?

東海ステークス 2018 [予想される出走予定馬]

東海S 2018/テイエムジンソク

勝ってGⅠ制覇へ挑みたい

テイエムジンソクは昨年の夏の函館・札幌のオープン特別を圧勝の後にエルムSは2着に敗れたもののみやこステークスを鮮やかな勝利で重賞初制覇。続いて臨んだチャンピオンズカップでもあわやの2着と一気にダート界のトップホースへと上り詰めた1頭。今年はそれこそGⅠ制覇を目標に王道を歩んでいくことが想定されますが、そのためにもまずはこの東海ステークスをきっちりと勝っておきたいところ。チャンピオンズカップと同舞台でのレースだけにコース適性も問題とすることはないだけに、後は先行タイプの馬だけに各馬の厳しいマークをはねのけて勝利を手にすることができるかどうかが鍵となってくるでしょう。今年GⅠを狙うということならばこのメンバーならば負けられないくらいの1戦となるのではないでしょうか。

東海S 2018/ゴールデンバローズ

ムーアの金言的中なるか

ゴールデンバローズは3歳時にドバイのUAEダービー3着という実績のある素質馬ですが気性的な問題からその後の出世は遅れ、昨年秋からようやくオープンでのレース。ただ武蔵野ステークスでも大敗を喫してしまっており今回は大きく評価を落とすところとなりそうですが、その際に騎乗したムーア騎手が「距離はもっと長いほうがいい」とコメントをしたことで恐らく陣営は休養明けの1戦に1800mの東海ステークスを選択してきたのでしょう。このムーアの金言が見事に的中するようならばこの距離で一変の走りを見せてもおかしくない力はある馬でしょうし、年齢を重ねることで気性的にも落ち着きが出てくるならば注目してみたいところではあります。

東海S 2018/ドラゴンバローズ

中京巧者が巻き返しを狙う

ドラゴンバローズは2走前にシリウスステークスで2着し、ダート重賞戦線でも戦える手応えを掴んだものの、休養明けのベテルギウスステークスでまさかの大敗。敗因は休み明けとしか考えられないところではありますが、迎える叩き2戦目がこの東海ステークス。これまで中京コースは6回走って1着2回、2着3回、4着1回と掲示板を外したことのない抜群の相性を誇るコースでもあり、一気に巻き返してきてもおかしくないポテンシャルを秘めた馬であると評してもよさそうなところ。テイエムジンソクを除けば横並びといった混戦模様なだけに注目してみたい1頭ということになるでしょう。

東海S 2018/ディアデルレイ

3連勝で一気に重賞制覇を狙う

ディアデルレイは福島民報杯、師走ステークスとオープン特別を連勝して東海ステークスに臨んできますが、前走の師走ステークスは逃げて4馬身差の圧勝と非常に強い競馬を見せており、ここ数戦で一気に力をつけてきている感があります。その師走ステークスでも骨っぽい相手は揃っていましたが、今回と比較してもそう相手関係は変わらず敵はテイエムジンソクのみといった感じになるでしょうが、同型となるだけに兼ね合いが鍵。理想はテイエムをマークしてのスムーズな競馬ということになるでしょうが、ダート界に新星誕生なるかに注目してみたいところではあります。

東海S 2018/予想オッズから見る他の人気馬

他の馬に目をやると、近走は不振でも昨年2着のモルトベーネの巻き返しにも注目してみたいところではありますし、同様に近走不振でもチャンピオンズカップ3着の実績もあるアスカノロマン。後は中京巧者のオールマンリバーあたりにも注目してみたいところはあります。いずれにしてもオッズ的にはテイエムジンソクの一本かぶりというオッズになるのではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA