京成杯2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ! | 本気競馬

京成杯2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ!

oikiri3

初重賞制覇へ虎視眈々の3歳馬の争いを制するのは…

京成杯の発走が迫り、各馬最終追い切りを終えて態勢を整えつつあります。クラシック出走するにはまず賞金の加算が必至条件となるだけに、この京成杯できっちりと結果を残したい各馬ですが、絶好の仕上がりを見せて初重賞制覇へ執念の調整を施している馬がいるとするならば迷わず買いでしょうし、各馬の動きをしっかりとチェックしておく必要がありそうですね。

京成杯 2018 [追い切り診断]

京成杯 2018/ジェネラーレウーノ

ジェネラーレウーノ
美浦南W 51.4 37.2 12.9 G前追う
調教評価 A 3連勝へ更に勢いを増す

現在逃げて2連勝中のジェネラーレウーノですが、前走の葉牡丹賞を勝った時と全く同じパターンでこの中間はコースで2本速い時計を出して最終追い切りは4F追い。ただ前走時よりもその動きは時計もそうですが動きも力強さを増してきており、2連勝の勢いで馬も心身ともに充実といったところでしょうか。勝ちパターンが逃げということもあり今回マークが厳しくなった際にどうかという不安はありますが、状態的には何ら不安なしといったところではないでしょうか。

京成杯 2018/デルタバローズ

デルタバローズ
美浦南W 67.5 52.1 38.1 12.9 G前追う 併せ併入
調教評価 A 前走以上の迫力ある動きを披露

堀厩舎のデルタバローズですが、中間はしっかりと負荷をかけられており坂路とコースでしっかりと乗り込まれているだけに仕上がりは満足いくところ。時計的にも2週続けてコース5Fから4Fでは52秒台をマークしているように10月の新馬戦を勝った時以上の動きを見せているあたりレースを一度使って馬にも成長が見られるといったところでしょう。外国産馬で血統的にもどのような条件が合うかまだ手探りなところでしょうが、スケールの大きな馬だけにここでも好走を期待してみたいところではあります。

京成杯 2018/コズミックフォース

コズミックフォース
美浦南W 83.5 67.1 52.9 39.5 13.2 一杯 併せ併入
調教評価 A この一追いできっちりと仕上がる

未勝利戦を勝ち上がったのが11月4日。その後一旦短期放牧に出て12月21日から乗り込みを再開させたコズミックフォースですが中間終始軽めの馬なり調整を繰り返して乗り込まれてきましたがこの最終追い切りで目一杯に追って気合を注入。時計もしっかりと出ておりこの一追いで態勢を整える算段でしょうか。前走勝利時にルメール騎手が「無事にいけばダービーに出られる馬」と評したことで話題を呼んでいる馬ではありますが、京成杯へ向けてきっちりと態勢を整えていると判断したいところです。

京成杯 2018/スラッシュメタル

スラッシュメタル
栗東坂路 52.5 38.3 25.8 13.1 馬なり
調教評価 A 坂路自己ベスト更新で巻き返しへ

新馬戦はセンス十分のレース振りで勝利し続く京都2歳ステークスでは3番人気に支持されながらも8着に敗退。その敗因は掴みきれない部分はまだありますが、前走後立て直して乗り込みを積んできており、坂路とコース併用でしっかりと乗られており、最終追い切りでは坂路自己ベストタイムを更新する52.5をマーク。状態自体は好状態にあると判断できるだけに、再度その走りを見直してみる必要はありそうです。

tohyoken_01

京成杯 2018 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、前走朝日杯FSでは9着だったダブルシャープ。地方門別から移籍しての初戦だったことを考えれば環境への慣れも見込めて稽古の動きも上々なだけにいま少しやれそうな感はあるだけにB評価を。後は未勝利戦を勝ち上がったばかりですがイェッツトは最終追い切りのコースが北Cコースであったことは気がかりですがそれでも動きは良好であっただけにB評価をつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの京成杯で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA