アメリカジョッキークラブカップ 2018 出走予定馬 予想 |ゴールドアクターなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

アメリカジョッキークラブカップ 2018 出走予定馬 予想 |ゴールドアクターなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/1/21開催「アメリカジョッキークラブカップ(GII)」に向けて、ゴールドアクター・ミッキースワローなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

アメリカジョッキークラブカップ 2018 [1週前出走予定馬]

  • ゴールドアクター/牡7/中川厩舎・美浦
  • タンタアレグリア/牡6/国枝厩舎・美浦
  • ミッキースワロー/牡4/菊沢厩舎・美浦
  • ダンビュライト/牡4/音無厩舎・栗東
  • ディサイファ/牡9/小島太厩舎・美浦
  • ショウナンバッハ/牡7/上原厩舎・美浦
  • トーセンビクトリー/牝6/角居厩舎・栗東
  • マイネルディーン/牡9/鹿戸雄厩舎・美浦
  • レジェンドセラー/牡4/木村厩舎・美浦

■2018/1/9現在

アメリカジョッキークラブカップ 2018 [注目馬考察]

AJCC 出走予定馬 /ゴールドアクター

15年の有馬記念を始め、中山コースでは重賞3勝を含む【4.1.0.1】勝ち星から遠ざかっているとはいえ、前走の宝塚記念ではインを突く鞍上の好騎乗もあったが、強豪相手の2着と好走。キタサンブラックが抜けた古馬戦線では、まだまだトップを張れる馬であることは間違いないだろう。今回は武豊騎手が鞍上。ベストの舞台で再出発を飾りたい。

AJCC 出走予定馬 /タンタアレグリア

昨年の当レースの勝ち馬。器用さがなく広いコースでしか競馬ができなかったタイプだが、インを突いての快勝と気性面の成長も窺える勝ちっぷりだった。展望が開ける一戦だっただけに、その後発症した脚部不安が恨めしいところだが、復帰戦のオールカマーでも0秒1差3着と好走。再度間隔が空いたものの、昨年が8ヶ月ぶり快勝。問題はないはず。

AJCC 出走予定馬 /ミッキースワロー

前走の菊花賞は、歴史に残る不良馬場。ひと頃の難しさが解消傾向にあるとはいえ、やはり3000mでは前半行きたがるのに苦労していた。それでも外から追い上げて、一旦は3番手まで浮上。結果0秒8差6着なら悲観する内容ではなかった。今回は皐月賞馬アルアインを寄せ付けなったセントライト記念と同じ舞台。変わり身があって当然だろう。

アメリカジョッキークラブカップ 2018 [今後の動向]

冬場ということもあり、一線級の参戦が少なく大物が少ない一戦。コース形態から前残りになるケースが多く、逃げ~先行馬に穴の資格。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/29(日)開催【クイーンS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA