フェアリーステークス2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ! | 本気競馬

フェアリーステークス2018追い切り診断/好状態必至の4頭をピックアップ!

oikiri3

中山から桜を夢見る妖精たちの競演

例年大波乱の結末が続くフェアリーステークスの発走が近づいてきました。ここでタイトルを獲得していざ春の桜花賞へと意気込む明け3歳牝馬による争いは、どの馬が勝ってもおかしくない大混戦模様。ともなれば勝敗を決するのは状態の良し悪しという部分になる可能性も大。追い切りの動きをしっかりとチェックして的中へとつなげましょう!

フェアリーステークス 2018 [追い切り診断]

フェアリーS 2018/テトラドラクマ

テトラドラクマ
美浦坂路 52.1 37.7 24.5 12.2 馬なり 併せ先着
調教評価 A 坂路自己ベスト、勝って更に上昇

未勝利戦を圧勝した勢いで臨むテトラドラクマですが、この中間の時計は3本のみでも馬体は更に引き締まった感があり、最終追い切りでも坂路の自己ベストタイムを更新する52.1をマーク。レースを使う毎に上昇が感じられるところもあり、この状態ならば重賞でも十分に戦えるのではないかと思われるところです。中山マイルで大外枠を引いてしまったのはマイナスと言えるかもしれませんが、レースセンスのある馬だけにあとは石橋騎手がいかにロスなく立ち回って直線を向けるかが課題となってくるのではないでしょうか。

フェアリーS 2018/スカーレットカラー

スカーレットカラー
栗東CW 85.3 69.3 53.3 39.0 12.4 馬なり
調教評価 A しっかりと乗り込まれて仕上がり良好

アルテミスステークス5着、白菊賞2着と勝ちきれない競馬が続いていますが、前走後もしっかりと乗り込みをこなしてきており、1週前には長めの6Fから追われてラスト4Fを51.6-11.8でまとめる好時計をマークしてきており、最終追い切りでも終いはしっかりと駆けてきているだけに状態面は良好と見てよさそうです。前走時は幾分稽古も軽めといった印象がありましたが、今回はしっかりと調教を積んできているだけにもう一押しを期待してみたいところではあります。

フェアリーS 2018/トロワゼトワル

トロワゼトワル
栗東CW 72.0 56.3 40.7 12.1 G前追う 併せ先着
調教評価 A 終いの伸びの鋭さ目立つ

休み明けとなったアルテミスステークスでは雨の影響を受けた馬場がフィットせずに末脚爆発ならずといった感のレースとなりましたが、休み明けを一度使って十分に間隔をあけての今年初戦へ向けてきっちりと乗り込まれてきた感があります。特に終いの伸びは秀逸で最終追い切りはそれこそラスト1Fだけ伸ばすような追い切り内容でしたがきっちりと反応を示して12.1をマーク。1週前は長めの6Fから追われても終いは11.6と切れのある動きが目立つところ。中山コースでその末脚を発揮できるかはやってみないと解らない部分はありますが、状態的にはなんら心配のいらない出来にあると見てよさそうです。

フェアリーS 2018/サヤカチャン

サヤカチャン
栗東CW 80.3 66.0 52.3 38.9 13.3 一杯
調教評価 A 追い切りの動きは良好

アルテミスステークスでは阪神JFを勝ったラッキーライラックの2着という実績のあるサヤカチャン。8月のデビューからコンスタントに7戦を消化してきましたが疲れを見せない活発な動きを見せており、しっかりと一杯に追われてきているのは体調の良い証拠でしょう。時計的にも栗東Wコースの自己ベストタイムを更新してきており時計面からも状態の良さはうかがえるところではあります。逃げてなんぼといったレースをするしかない馬が中山マイルで絶好の1枠1番を引いただけに、これだけ稽古で動けているならば注目する価値はあるのではないでしょうか。

フェアリーS 2018 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、ジーナスイートプリモシーンの2頭。勝って更に動きが良化するのではという期待があったものの、動き的には前走と変わらぬ動きというところとなっているだけに期待を裏切られたという面もありますが、大きな上積みはなくいい意味での平行線という意味でB評価をつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこのフェアリーステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA