東京2歳優駿牝馬 2017 予想 / 好枠を手に入れたリンノストーンを本命に! | 本気競馬

東京2歳優駿牝馬 2017 予想 / 好枠を手に入れたリンノストーンを本命に!

yosou_chihou

2017/12/31(日)開催 大井10R 東京2歳優駿牝馬
2歳 牝馬限定 ダート 1600m(内コース・右) 定量戦

東京2歳優駿牝馬 2017 [予想印]

昨年はやや波乱になった東京2歳優駿牝馬。例年この時期に移籍を決める北海道勢の能力の把握が鍵になる重賞だ。今年は外枠のビジネスライクと最内枠のリンノストーンが北海道所属のままだが、夏の中央場所でも活躍が目立ったハイレベルな世代だけに、強敵に揉まれたアドバンテージが大舞台で生きるかどうかだ。全国的な雨予報だが東京は曇り予報で、馬場はなんとか良馬場での施行となる見込み。

東京2歳優駿牝馬 予想 【本命◎ リンノストーン】

本命はリンノストーン。今回最内枠からのスタートなるが、前に行きたい馬が多く、控えても競馬ができるこの馬とって、ぎりぎりまでロスなく溜められる好枠を手に入れた形。最後のカーブで巻かれる心配だけがつきまとうのだが、大井の真島騎手が鞍上で前走・平和賞勝ちからの連続騎乗。頼れるパートナーと共に世代レベルの高かった北海道勢の意地を見せつけるか。

東京2歳優駿牝馬 予想 【対抗○ ストロングハート】

対抗はストロングハート。北海道から川崎の名門・内田厩舎に転厩してきた馬で、前走のローレル賞では1馬身差及ばなかったが、距離を伸ばして着実に実績を上げてきた走りは披露する事ができた。中央でも好走歴のあるミスマンマミーアとも僅差の競馬をしてきており、対戦成績で言えば前出リンノストーンよりもこちらに分がある。グランド牧場生産馬のサウスヴィグラス産駒は出世する。ここも十分争覇圏。

東京2歳優駿牝馬 予想 【単穴▲ シングンレガシイ】

3番手はシングンレガシイ。今年の大井競馬と言えばJBCの開催年だったが、ジャパンダートダービーをヒガシウィルウィンが優勝するなど話題も豊富。そんな中話題のひとつとなったのが御神本騎手の復帰のニュース。卓越した騎乗技術を持ちながら一時は騎手免許を剥奪される時期もあったが、やはり復帰後は存在感を確実に高めている。そんな同騎手が騎乗するこの馬も大井のマイラーとして負けていられない。来春への飛躍を託す。

東京2歳優駿牝馬 予想 【連下△ オールパスレル】

最後はオールパスレル。今回騎乗するのは初コンビとなる森泰斗騎手だが、同騎手は今年怪我に悩まされ休養を余儀なくされる不運もあった。だが、復帰後は相変わらずの安定感で200勝越えをあっさりと達成し、今や地方競馬になくてはならない存在として光を放つ。今年最後の大舞台でこの馬と出るからには秘策もあると見て、最後の一頭に抜擢。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

東京2歳優駿牝馬 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 1リンノストーン
  • 対抗○: 3ストロングハート
  • 単穴▲: 7シングンレガシイ
  • 連下△:14オールパスレル

馬券は馬複。馬番1.3.7.14のBOX、計6点で勝負!

[東京2歳優駿牝馬:2017/12/31(日)-大井競馬 第10R-16時30分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA