東海ゴールドカップ 2017 予想 / コースを味方につけられるヴェリイブライトを本命に! | 本気競馬

東海ゴールドカップ 2017 予想 / コースを味方につけられるヴェリイブライトを本命に!

yosou_chihou

2017/12/31(日)開催 笠松9R 東海ゴールドカップ
一般オープン ダート 1900m(右) ハンデ戦

東海ゴールドカップ 2017 [予想印]

実に悩ましいメンバー構成となった今年の東海ゴールドカップ。東海地区の大トリを務めるのは9頭の精鋭だ。1900mという距離を考えると、マイルを主戦場にしてきた馬にはさすがに長い印象もあり、かといって中距離で確たる安定感を放つ馬もいない。となれば展開が鍵になるが、ヤマニンデリシューが押し出されるように先頭に立つスローな一戦。特別前で一脚使えるタイプもいないだけに難解。

東海ゴールドカップ 予想 【本命◎ ヴェリイブライト】

本命はヴェリイブライト。全国的に天気が崩れる予報が出ている大晦日だが、そんな馬場と何より笠松コースを味方につけられるのがこの馬。ここ笠松では【4・1・1・3】と安定感ある走りを見せており、何より3走前のくろゆり賞では地方最強馬カツゲキキトキトを凌ぎ切って優勝している。軽いダートが得意な馬でコンディションさえ良ければ楽しみ。やや乗り難しいタイプではあるが今井騎手の手腕に期待。

東海ゴールドカップ 予想 【対抗○ アサクサポイント】

対抗はアサクサポイント。元々中央で障害を使われるなどスタミナ自慢。ここ笠松では1・1・0・2だが最初からAクラスで善戦している。距離はもっとあった方が良いくらいだが、前年の覇者でもありこのカテゴリーなら一枚上。このところ遠征や強敵相手の一戦で消耗が激しかったが、今回のメンバーならば一気に巻き返して不思議はない。

東海ゴールドカップ 予想 【単穴▲ キクノセントロ】

3番手はキクノセントロ。勝てないが負けないというタイプで3着が目に付くが、2走前の東海クラウンでは見事優勝を果たして見せた。笠松の舞台は【3・1・1・0】と好相性なのも買い材料で、人気は一息も戸部騎手の連続騎乗で警戒は必要な一頭だ。スローペースが予想されるだけに早めにポジションを取りに行きそうで、枠も外枠なのがかえってよい結果を産みそう。距離も不安は少ない。

東海ゴールドカップ 予想 【連下△ アペリラルビー】

最後はアペリラルビー。笠松は【4・3・0・1】、差し脚鋭い牝馬であり、唯一の3歳馬で上昇度が期待のタイプ。2走前の岐阜金賞では東海ダービー馬ドリームズラインに追いすがる2着好走で、余勢を駆って出場したロジータ記念も、二桁人気で6着するなどまずまずここでもやれそうだ。早め仕掛けがポイントになるが、2走前好走の向山騎手が鞍上なら一発は狙えると見た。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

東海ゴールドカップ 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 3ヴェリイブライト
  • 対抗○: 9アサクサポイント
  • 単穴▲: 8キクノセントロ
  • 連下△: 5アペリラルビー

馬券は馬複。馬番3.5.8.9のBOX、計6点で勝負!

[東海ゴールドカップ:2017/12/31(日)-笠松競馬 第9R-15時30分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA