フェアリーステークス 2018 出走予定馬 予想 |プリモシーンなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

フェアリーステークス 2018 出走予定馬 予想 |プリモシーンなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/1/7開催「フェアリーステークス(GIII)」に向けて、プリモシーン・サヤカチャンなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

フェアリーステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • プリモシーン/牝3/木村厩舎・美浦
  • テトラドラクマ/牝3/小西厩舎・美浦
  • サヤカチャン/牝3/田所秀厩舎・栗東
  • ジーナスイート/牝3/矢作厩舎・栗東
  • ミュージアムヒル/牝3/古賀慎厩舎・美浦
  • トロワゼトワル/牝3/安田隆厩舎・栗東
  • ツヅミモン/牝3/藤岡健厩舎・栗東
  • デュッセルドルフ/牝3/木村厩舎・美浦
  • レッドベルローズ/牝3/鹿戸雄厩舎・美浦
  • レネット/牝3/久保田厩舎・美浦

■2017/12/26現在

フェアリーステークス 2018 [注目馬考察]

フェアリーS 出走予定馬 /プリモシーン

新馬戦完敗の相手が、阪神JF4着のトーセンブレなら仕方なし。前走は600m通過35秒9というスロー。実質ラスト3ハロンの瞬発力勝負となったが、楽をする先行勢を4角8番手から差し切った能力は優に重賞級。2着のテトラドラクマも次走楽勝と、メンバーレベルも非常に高かった一戦。ここでも。

フェアリーS 出走予定馬 /サヤカチャン

好スタートを切ったものの、その後行き脚がつかず不完全燃焼に終わった前走の阪神JF。遠征帰りの一戦、初めてのGIということもあり、空気に飲まれた印象もあったが、今回は相手関係が楽になるGIII戦。中山1600mはこの馬の持ち味である器用さが存分に生かせる舞台。この手のタイプは見限った時が怖い。

フェアリーS 出走予定馬 /ツヅミモン

クビの上げ下げで最後際どくなった前走だが、2着馬に対してこちらは着差以上に余裕に手応え。追って伸びるかどうかは別として、まだもう一段ギアがあることは明らかだろう。母カタマチボタンは桜花賞4着馬、再度中山1600mなら好勝負。

フェアリーステークス 2018 [今後の動向]

大物こそ出てこないが、桜花賞と同じ坂つき左回り1600mで行われるだけに、今後へ繋がる重要な一戦となることは間違いなし。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 宝塚記念→こじはる本命は⑯キセキ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA