中山金杯 2018 出走予定馬 予想 |セダブリランテスなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

中山金杯 2018 出走予定馬 予想 |セダブリランテスなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/1/6開催「中山金杯(GIII)」に向けて、セダブリランテスやカデナなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

中山金杯 2018 [1週前出走予定馬]

  • セダブリランテス/牡4/手塚厩舎・美浦
  • ウインブライト/牡4/畠山吉厩舎・美浦
  • ダイワキャグニー/牡4/菊沢厩舎・美浦
  • カデナ/牡4/中竹厩舎・栗東
  • デニムアンドルビー/牝8/角居厩舎・栗東
  • ブラックバゴ/牡6/斉藤誠厩舎・美浦
  • レアリスタ/牡6/堀厩舎・美浦
  • トーセンマタコイヤ/牡7/加藤征厩舎・美浦
  • アウトライアーズ/牡4/小島茂厩舎・美浦
  • マイネルミラノ/牡8/相沢厩舎・美浦
  • フェルメッツァ/牡7/松永幹厩舎・栗東
  • ケントオー/牡6/西橋厩舎・栗東
  • ストレンジクォーク/牡6/小島太厩舎・美浦

■2017/12/26現在

中山金杯 2018 [注目馬考察]

中山金杯 出走予定馬 /セダブリランテス

前走のアルゼンチン共和国杯は同じ3歳馬のスワーヴリチャードには完敗だったが、久々の実戦に加えて初めての長距離。少し慎重に乗り過ぎたことと序盤から若干行きたがる素振りを見せていたことを思えば、前途洋々の3着と見ていい。現状では2000m前後がベストで距離短縮は大歓迎。ダートで新馬勝ち、母父ブライアンズタイムというパワー型。時計の掛かる中山も合うイメージ。好スタートを切る。

中山金杯 出走予定馬 /カデナ

重賞2勝を含む【3・2・0・0】の完璧な戦績で迎えた皐月賞で9着と思わぬ大敗を喫してから、どうも本調子を取り戻せずにいるが、秋緒戦の神戸新聞杯は距離不向き。前走の天皇賞秋は単純に力負けと処理できる。同配合のマカヒキと同じで一度スランプに陥ると立て直すのに時間がかかるタイプだが、前走後はしっかりと間隔を空けて立て直してきた。中山2000mは弥生賞勝ちの舞台、相手関係からもここは結果を出したい。

中山金杯 出走予定馬 /ウインブライト

前走の福島記念はレース運びがハマった感もあるが、古馬との対戦2度目で結果を出した点は立派。ステイゴールド産駒らしく成長力に富んでおり、GI向きの底力は感じないが、GII~GIIIでは無類の強さを発揮するタイプだろう。前走は54キロとハンデに恵まれた面もあっただけに、今回も斤量が鍵になりそうだ。

中山金杯 2018 [今後の動向]

3年前の勝ち馬ラブリーデイはこのレース快勝を皮切りに、一躍スターダムに。2年前の勝ち馬ヤマカツエースも同様。今年もこの一戦に飛躍する馬がいるかどうか、要注目だろう。

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ 宝塚記念→こじはる本命は⑯キセキ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA