【阪神カップ2017予想/オッズ/出走予定馬】今年最後の短距離重賞 | 本気競馬

【阪神カップ2017予想/オッズ/出走予定馬】今年最後の短距離重賞

cyumou_01

来年のGI制覇を夢見る強豪ひしめくスーパーGII戦!

有馬記念の前日に阪神競馬場で発走となる阪神カップは高額賞金の重賞なだけに毎年強豪が集う1戦となっています。今年の出走予定馬にも、年内引退を表明しラストランとなるイスラボニータ、そして桜花賞馬レーヌミノルといったGI馬をはじめ、来年の活躍が期待できる実力馬も集結し、予想オッズも含めて非常に興味深いメンバーが揃ったと言えそうです。

阪神カップ 2017 [予想される出走予定馬]

阪神カップ 2017/イスラボニータ

昨年2着の雪辱を

イスラボニータは昨年の阪神カップで一旦は先頭に出て押し切るかに思われた中、最後にシュウジに差されての2着。今年は春にマイラーズカップを制して久々の勝利を手にしましたが、その後はこれまで通りの惜敗続きといった感。実績的にはメンバー中随一のものは持っていることは認めつつも、勝負弱い部分があるだけに今回もいかにして勝ち切るかということが課題となってくるのではないでしょうか。そのあたり、ルメール騎手の手腕に期待というところではないでしょうか。予想オッズからも人気上位に支持されてきそうですが、頭を固定というよりは連軸として素直に信頼という馬となるのではないでしょうか。

阪神カップ 2017/サングレーザー

充実一途で初重賞制覇へ

サングレーザーは破竹の4連勝でスワンステークスを制すると、マイルチャンピオンシップでも3着に好走し、3歳馬だけに今後が楽しみとなるレースを見せました。これまでの実績から見てもマイルよりも1400mの方が実績があり、より競馬はしやすくなるはずでここは重賞初制覇へのチャンス到来といったところではないでしょうか。馬場が渋っても鋭い末脚を駆使してくる馬ですが、良馬場ならば更に切れる脚を使ってくることは父ディープインパクトという血統からも想像しやすいところではあり、ここも鋭い脚を見せてくるのではないでしょうか。

阪神カップ 2017/モズアスコット

遅れてきたフランケル産駒の怪物

モズアスコットは今年のオークスを制したソウルスターリングと同じ怪物フランケルの産駒。デビューが6月と遅くなり、初勝利は3戦目ではありましたが、そこから4連勝で一気にオープンまであがってきました。2走前の東京1400mでの1000万下の勝ち時計は翌日のオープンの1400mよりも速く、既にオープンでも活躍できる時計的裏付けは済んでいて初の重賞挑戦でもかなり期待のもてる1頭であると言えそうです。これまでから比べると一気に相手が強化するだけにそのあたり、揉まれ込んでの不安はあるかもしれませんが、不安よりも期待が高まる1戦となることは間違いないでしょう。

阪神カップ 2017/レーヌミノル

桜花賞馬が短距離路線で復活

レーヌミノルは今年の桜花賞を制しているGI馬。ただその後もクラシック戦線を歩んでことごとく直線で失速してきましたが、前走のマイルCSではこの馬らしい粘り腰が復活して4着に好走してきているだけにやはりこの馬にとってのベストは1400m~1600mあたりの距離ということになるのでしょうか。阪神1400mでもフィリーズレビュー2着と好走した実績があるだけにここも好位から抜け出しての粘り込みでどこまでやれるかは非常に楽しみになってきたと言えそうです。

阪神カップ 2017/予想オッズから見る他の人気馬

他では休み明けにはなるものの阪神1400mでの実績が断然、9歳にして前走キーンランドカップで重賞初制覇を遂げ、今回はボウマン騎手とのコンビも注目のエポワスであったり、阪神カップでは2年連続で好走しているダンスディレクターも侮れない存在と言えるでしょう。また脚部不安明けで仕上がりに不安はあるものの、シャイニングレイは短距離に矛先を変えてからのレース振りは目を見張るものがあるだけにその地力には期待してみたいところ。もう1頭挙げるならば近走はまったくの不振ではあるものの昨年の勝ち馬で気持ちひとつ、展開ひとつで再度の一発に警戒したいシュウジも注目の1頭といえるでしょう。

競馬予想2

★ 1週前出走予定馬 ★  7/1(日)開催【CBC賞】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ ユニコーンS→本命は⑧ハーベストムーン!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA