寒菊賞 2017 予想 / 内目で脚を溜められるチャイヤプーンを本命に! | 本気競馬

寒菊賞 2017 予想 / 内目で脚を溜められるチャイヤプーンを本命に!

yosou_chihou

2017/12/10(日)開催 水沢10R 寒菊賞
2歳 ダート 1600m(右) 別定戦

寒菊賞 2017 [予想印]

降雪量は少ないものの、湿った雪の影響で重馬場となりそうな水沢競馬場。未来を見据える2歳馬8頭が顔を揃えた。寒菊賞が行われる水沢ダート1600mは、4コーナーのポケット地点からホームストレッチを走るコースで、最初の直線部分が長く、ペースはやや落ち着きやすい。激しい先行争いが予想されにくいメンバー構成で、この点を加味するとやはり、前有利が濃厚だろう。枠順と併せて判断したいところ。

寒菊賞 予想 【本命◎ チャイヤプーン】

本命はチャイヤプーン。今回ハナを切りそうなのは、隣枠のスターギア、外枠のリュウノムーン、そしてこのチャイヤプーンのどれかになろうが、この3頭は全てそこまでハイペースで逃げるタイプではない。となれば内目で脚を溜められるチャイヤプーンが枠が有利で、スターギアを壁にしての楽走が可能だろう。臨戦過程も前走・知床賞を走って3着。出世レースのここでは1番人気に推されるほどの期待もされた。鞍上にはここで感触を掴んだ、名手・村上忍騎手で、最も凡走する可能性が低そうな本命馬。

寒菊賞 予想 【対抗○ スターギア】

対抗はスターギア。門別から移籍してきた2走前に快勝しているが、続く前走・プリンセスカップでは2番人気を裏切る4着、着差も勝ち馬からは5馬身差と、やや離された印象だった。しかし、この時は11番枠スタートでもあり、タイムのかかる不良馬場とタフな展開が応えた印象。今回は前回よりもメンバーも手薄な感じで、減った体が戻ってくれば上昇も有って良い。血統的には短距離施行のグランド牧場生産馬だが、ペースが落ちれば距離はこなせると判断しての対抗評価。

寒菊賞 予想 【単穴▲ スターキヨミツ】

3番手はスターキヨミツ。前走・フューチャーステップで不人気ながら快勝したが、その際はここ出走のリュウノムーンを2着に退けている。前走で門別からここ岩手に移籍してきたばかりだったが、新天地を得た感じで走りも非常に冴えていた。ここでも最初は控えて行って途中でポジションを押し上げたが、最後は2馬身半差を付ける瞬発力も備えている。前々走の凡走を除けば大きく崩れていないところからも、まだフロック視されるようなら、積極的に買っていきたい。

寒菊賞 予想 【連下△ リュウノムーン】

最後はリュウノムーン。前走・フューチャーステップでスターキヨミツに敗れて2着。先行して最後も粘ったが、瞬発力で及ばなかった。元々逃げ馬ではないので、今回も逃げるか分からないが、外枠に入った為に押し出していくと見た。こうなると前走同様丁度良い的になりそうだが、ペースさえ落とせれば残り目も考えられる。坂口騎手はナムラタイタンで何度となく先行してきた騎手。前回の経験を糧にどう乗るか注目。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

寒菊賞 2017 [馬券考察]

  • 本命◎: 3チャイヤプーン
  • 対抗○: 2スターギア
  • 単穴▲: 4スターキヨミツ
  • 連下△: 8リュウノムーン

馬券は3連単。流しで、1着固定3→2.4.8と、2.4→3→2.4.8の計10点で勝負!

[寒菊賞:2017/12/10(日)-水沢競馬 第10R-15時15分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

☆こじはる3連単予想☆ アメリカJCC→こじはるの本命は?

★ 1週前出走予定馬 ★  1/28(日)開催【根岸S】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA