中日新聞杯2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ! | 本気競馬

中日新聞杯2017追い切り診断/好状態必至の5頭をピックアップ!

oikiri3

中京2000mの舞台で行われるハンデ重賞を制するのは果たしてどの馬か?

今年の中日新聞杯はこのレースを制して来年以降の飛躍のきっかけを掴みたい、メートルダールやマウントロブソンをはじめ、今年はGIでは歯が立たなかったもののGIIIならばと色気たっぷりのミッキーロケットなどまだまだ若い素質馬が集い来年の飛躍を狙う1戦。ハンデ戦だけにその斤量が勝敗を分ける可能性も十分にありますが、まずは追い切りの動きから状態面が絶好の馬をしっかりとピックアップしておきましょう。

中日新聞杯 2017 [追い切り診断]

中日新聞杯 2017 /スズカデヴィアス

スズカデヴィアス
栗東坂路 54.4 39.0 25.1 12.4 馬なり
調教評価 A 悲願の重賞タイトルへ状態は引き続き良好

近3走は4.3.2着と勝ち切れない競馬が続いていますが、差しに脚質転換してから着実に成績が安定してきているスズカデヴィアス。待望の重賞タイトルまであと一押しのところまで来ていますが、この中日新聞杯は力の入るところでしょう。中間の追い切り・最終追い切りともに前走の福島記念2着時と全く同じパターンできており、時計も殆ど似通ったものとなっていることから状態面は前走同様の好調をキープしていると判断していいでしょう。小回りで直線も短い福島コースよりも中京コースの方が競馬はしやすいはずであり、ここで悲願のタイトル獲得なるかに注目しておきたいところです。

中日新聞杯 2017 /タイセイサミット

タイセイサミット
栗東坂路 51.4 37.6 24.9 12.6 一杯 併せ併入
調教評価 A 坂路好タイムで休み明けでも注目

エプソムカップ以来の休み明けで中間の追い切り本数は3本のみと乗り込み不足が心配されましたが最終追い切りでは坂路自己ベストタイムに並ぶ51.4をマークして実にスピード感のある走りを見せて好仕上がりをアピールしてきています。育成牧場でそれなりに乗ってきていることが想定され状態面はいきなりからでも態勢が整っていると見ていいのではないでしょうか。前走エプソムカップでは2番人気に支持されながらも6着に敗退しましたが、古馬相手の重賞も2度目でいま少し流れに乗れるようであれば今度は圏内までうかがえるような状態にあると判断してもいいのではないでしょうか。

中日新聞杯 2017 /ストーンウェア

ストーンウェア
栗東CW 95.1 66.3 52.2 38.9 12.8 強め 併せ先着
調教評価 A 叩き2戦目で気配は上昇の中京巧者

これがオープンにあがって初戦となりますが、状態面は休み明けで勝利を手にした前走ノベンバーステークス時よりも更に素軽さを増しており、最終追い切りでもゆったりとしたペースからGOサインが出されると徐々に加速して終いまで12秒台でまとめる好追い切りを消化。力的には歴戦の重賞で戦ってきた強豪相手だけに簡単な競馬にはならないはずですが軽ハンデと(2.1.0.0)と好相性を示している中京コースで好成績を収めても何ら驚けない状態にあると言えるだけに穴に狙ってみたくなる1頭であると言えるのではないでしょうか。

中日新聞杯 2017 /フルーキー

フルーキー
栗東坂路 52.0 37.9 25.0 12.8 馬なり 併せ併入
調教評価 A 追い切りパターン変更で復活を期す

7歳になった今年は目立った活躍もないフルーキーだけにもはや年齢的に限界とも言われてはいますが、ここにきて最終追い切りのパターンをコースから坂路に変えてその坂路で7歳ながらに自己ベストを更新する52.0をマークしまだまだ脚力のあるところを見せつけてきました。この追い切りパターン変更がいい刺激にでもなれば一変の可能性はゼロとは言えず、その実績からも今回ばかりは狙ってみたくもなる追い切り内容であったと言えるのではないでしょうか。福島記念で12着と敗退して人気も落としそうではありますが軽視禁物の1頭と言えるでしょう。

中日新聞杯 2017 /ミッキーロケット

ミッキーロケット
栗東坂路 52.4 38.3 25.2 12.7 強め 併せ先着
調教評価 A 前走からの巻き返しに態勢を整える

前走の天皇賞(秋)でもしっかりと仕上がっている感はありましたが雨の極悪馬場に泣いて12着と敗退してしまっているミッキーロケット。今年はGI戦線を歩んで壁にぶつかっている感がありますがこのメンバーならば力は上位と見たいところ。追い切りの動き的に見ても坂路で52秒台をマークして好調キープをアピールしており、絶好調時の51秒台を切るような時計までとはいかないものの、状態的には悪くなく走れる態勢にあると判断して良さそうです。陣営も来年こそはGIでも好走をと力の入るところでしょうし、見直してみたい1頭であることは間違いないでしょう。

tohyoken_01

中日新聞杯 2017 /追い切りから見る他の注目馬

他でピックアップしておきたいのは、時計こそ目立たないものの動き自体は悪くなく好調という印象のあるマウントロブソンメートルダール。さらにはマキシマムドパリもエリザベス女王杯同様の動きを見せているだけに牡馬との対戦にはなりますが状態的には悪くなさそう。穴っぽいところではフェルメッツァケントオーも元気一杯の動きを見せており好走の可能性はありそうなところで、最後に休み明けでもバンドワゴンはしっかりと仕上がっている感がありこれらの馬にはB評価をつけておきたいと思います。

それでは今週はこの中日新聞杯で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

★ 1週前出走予定馬 ★  2/25(日)開催【中山記念】注目馬チェック

☆こじはる3連単BOX予想/結果☆ フェブラリーS→こじはる3連単415.6倍的中!

★ 1週前出走予定馬 ★  2/25(日)開催【阪急杯】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA