ターコイズステークス 2017 出走予定馬 予想 |ラビットランなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

ターコイズステークス 2017 出走予定馬 予想 |ラビットランなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2017/12/16開催「ターコイズステークス(GIII)」に向けて、ラビットラン・ミスパンテールなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

ターコイズステークス 2017 [1週前出走予定馬]

  • エテルナミノル/牝4/本田厩舎・栗東
  • ジュールポレール/牝4/西園厩舎・栗東
  • パールコード/牝4/中内田厩舎・栗東
  • バンゴール/牝5/尾関厩舎・美浦
  • ブラックオニキス/牝3/加藤和厩舎・美浦
  • ミスパンテール/牝3/昆厩舎・栗東
  • ラビットラン/牝3/角居厩舎・栗東
  • リエノテソーロ/牝3/武井厩舎・美浦

■2017/12/5現在

ターコイズステークス 2017 [注目馬考察]

ターコイズS 出走予定馬 /ラビットラン

3走前に芝へ転じると、いきなり上がり33秒0の末脚で快勝。続く2戦目が秋華賞ステップのローズステークスと一気の相手強化となったが、ここも33秒5の末脚で強豪馬を一蹴して見せた。前走の秋華賞は反応一息で伸び切れなかったが、切れ味が身上の馬。緩い馬場が堪えただけと見てよく、良馬場なら本来の瞬発力を見直せる。エリザベス女王杯、マイルCS、先日のチャレンジカップも制したように今年の3歳勢はかなりのハイレベル。この馬もそのグループの1頭で、ここは飛躍の足掛かりとしたい。

ターコイズS 出走予定馬 /ミスパンテール

前走は51キロとハンデの恩恵もあったが、1000m通過61秒2のスローペースを差し切った内容は立派。遡れば、チューリップ賞ではソウルスターリングの2着と能力の一端は示していた馬。これがキッカケとなってれば、ポンポンと行ける素材であることは間違いないだろう。条件戦を勝ち上がったばかりでハンデは重くはならない見込みだが、イレ込み癖のある馬。当日の気配には十分注意したい。

ターコイズS 出走予定馬 /エテルナミノル

前走のエリザベス女王杯は、フルゲートの18番枠。軽快な先行力は示したが、結局一度も内へ入れることが出来ず、終始外を回らざるを得ない展開となってしまった。それでも0秒7差なら悲観する内容ではなく、牝馬限定戦のG3ならいつでも勝負になる計算。4走前に芝1800mで1分44秒7の好記録。スピードもある馬で、久々の1600mも問題はないはず。この顔ぶれなら。

ターコイズステークス 2017 [今後の動向]

一昨年は3連単295万円の大波乱。重賞へと格上げされる以前から波乱の目立つ一戦だけに、今年も軽ハンデ馬などには要注意。リエノテソーロはここで復活のキッカケをつかみたい。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA