【中日新聞杯2017予想/オッズ/出走予定馬】新たな中距離スター誕生なるか | 本気競馬

【中日新聞杯2017予想/オッズ/出走予定馬】新たな中距離スター誕生なるか

cyumou_01

中京競馬場に次世代の期待馬が集結!

中日新聞杯は今年から再び3月から12月に開催時期が変更となりましたが、12月開催時の勝ち馬といえば後に宝塚記念を制したアーネストリーや、中1週で有馬記念に臨んで3着好走したトゥザグローリーなど活躍馬を輩出しており、一概に単なるローカルハンデ重賞というくくりで片付けられないレース。今年の出走予定馬の中からもここを勝利し、その後に一躍出世を遂げることが出来るのか?予想オッズも含めて注目したいところです。

中日新聞杯 2017 [予想される出走予定馬]

中日新聞杯 2017/メートルダール

素質馬がここで初タイトル獲得へ

メートルダールはこれまでの重賞挑戦は3歳時の京成杯・共同通信杯、そして古馬になってからの新潟大賞典で3着と惜しい結果が続いているデビュー時からその素質を評価されていた馬。折り合いに難があったりはしましたが年齢を経てレース振りにも幅が出てきていよいよ本格化手前といったところでしょうか。前走の関屋記念では思わぬ大敗を喫しましたが、夏場がいけなかったのか原因は未だにつかめていないところは気がかりではありますが、休み明けからでも好走実績があるだけにいきなりから結果を残して来年の活躍へとつなげたいところでしょう。鞍上にもCデムーロ騎手を確保しており勝負気配を漂わせています。

中日新聞杯 2017/マウントロブソン

いよいよ本格化の兆しが見え

マウントロブソンは3歳時にスプリングステークスを制して皐月賞・ダービーにも出走した実力馬ですがその後に9ヶ月の休みがあった分、出世は遅れていました。ただ復帰後にはオープン特別を2勝、そして札幌記念でも8着でしたが勝ち馬サクラアンプルールとは0.5差と好走しているだけにいよいよ本格化は間近といったところまできています。これまでの好走時を見てみると時計の速い競馬には対応しきれない部分もあるだけに、今回も高速決着となった場合に不安はあり、更に今回は57.5kgのトップハンデを背負うだけに条件的には決して楽ではありませんが、それでも大崩れなく走ってきてくれるものと期待してみたいところです。

中日新聞杯 2017/ミッキースワロー

不完全燃焼の1年を払拭する走りを

ミッキースワローは今年の活躍が期待されていた1頭ですが、結局年明け早々の日経新春杯を制するに留まり、GIでの活躍はかないませんでした。ただ、今年は常に古馬一戦級と戦ってきた経験は今回のGIII戦で活きてくるはずで、メンバー的には断然楽になるこの中日新聞杯での巻き返しに期待が持てるのではないでしょうか。初の中京コースで左回りにも実績がない上に57.5kgのトップハンデと不安要素もありますが、実績的にはこの馬が断然とも言えるだけに格好をつけてもらいたい1戦ではあると言えそうです。

中日新聞杯 2017/スズカデヴィアス

待望の重賞タイトルへあと一押し

スズカデヴィアスは前走の福島記念でもあと一押し足りずに2着。一介の逃げ馬が差しに脚質転換をしてから成績は安定してきており、待望の重賞初勝利も手の届くところまできているだけにここでも好走してみたいところはあります。オーナーは中京地元の永井氏であるあたり、陣営も狙いはこの重賞に定めてメイチ勝負を仕掛けてくる可能性は大。ハンデこそ前走よりも0.5kg増えて見込まれた感はありますが、注目すべき1頭であることは間違いないでしょう。

中日新聞杯 2017/予想オッズから見る他の人気馬

他では休み明けを一叩きしたフェルメッツァは55kgと手頃なハンデで重賞実績・中京実績もあるだけに穴に一考しておきたいところはありますし、マキシマムドパリは前走エリザベス女王杯4着に中京コースの愛知杯勝ちもあるだけに牡馬相手でもマークは必要と言えるのではないでしょうか。後はバンドワゴンケントオーなど噛み合えば一発あってもおかしくない力のある馬もエントリーしてきているだけに軽視禁物と言えそうです。

★ 1週前出走予定馬 ★  12/17(日)開催【朝日杯FS】注目馬チェック

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA